新着Pick
475Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
コジンスキー助教授、話し出したら止まりませんでした。

助教授はテクノロジーが進化して、それによりプライバシーが危険に晒されることが増えたけれども、「テクノロジーは99%社会の向上のためにある」と信じていると語っていました。

それはご自身が、ポーランド出身で、旧ソ連の衛星国だった時代、社会主義政権下で全てが統制されていた時代を知っているからこそなのかもしれません。

それにしても、Facebookからヘッドハントされるエピソードが物語るように、サイコメトリックスの研究者はシリコンバレーの企業からすれば、喉から手が出るほど欲しい人材。給与も0が7つ付く高額給与を提示されるはずです。

それでもコジンスキー助教授は企業への就職に興味はないのだそうです。
理由は「中に入ってしまったら、プライバシーに関するリスクについて話をすることもできなくなる」から。

社会に警鐘を鳴らすことに自分の役割がある、そういう姿勢に感動しました。

みなさま、二日間読んでいただき、どうもありがとうございました。



プライバシーを気にしないのではなく、貧乏であり、大した金もなく、悪いことをなにもしていない。
ほんとうに金持ちで、汚職したりしている人は、ものすごくプライバシーを期にしている。
GDPRの衝撃。↓あたりが気になったところ。
- プライバシーと社会的な利便性が「トレードオフ」になる
- 新しい法律でかかるコストは、最後は消費者が負担する
- 中国やロシアはお構いなしでイノベーションが先行する

一方で個人情報を自ら売っている人もいたりするし、プライバシーを守るなんてことはすでに幻想でしかないという指摘はその通りだと思う。パーミッションドリブン。そのパーミッションをどう設計するか。

「AIに雇用が奪われる vs 雇用を守る」という議論があまり意味なくて、「AIをどうつくるか and どう使うか」というAIリテラシーの話をした方が意味ある(と個人的に思っている)のと同様に、データについても、「個人情報をどう守るか」という議論より「個人情報の扱いをどう自分自身で設計するか」という個人のデータリテラシーについて議論していった方がよいのではないかと思う
プライバシー権を守ろうとすればするほど社会は非効率的になるというのはまさにその通りで、行動分析は犯罪抑止にもつながるでしょうし「悪いことしたら必ずバレる」という状況が不正も減らすでしょう。しかしそれはまさにSFなどで描かれる監視社会のディストピア的でもあるという問題。
おそらくこれから「守るべきプライバシーとは何か?」という議論がもっとされ社会実験も試されるべきなのではないかと思います。

人は綺麗事だけでは息苦しさを感じるというのは間違いないことで、特に性的なことや嗜好的なことはあまりオープンにしたくないものでしょう。
しかし、それが隠しきれないとなれば、そういった嗜好も「まあよくあることだから」とお互いに寛容である社会になるしかないのではとも思います。

アメリカで最も住みたい街と言われるポートランドで全裸自転車イベントが10年以上開催され1万人以上が参加するイベントととなっているというのはある意味示唆的ではないかと思ったりします。
ウイルスバスターやノートンの入ってないPCはサクサク動く。テクノロジーの進歩とプライバシー保護もこの関係に近いのかもしれません。プライバシー保護は極めて先進国的な「欲望」だと思いますが、それを尻目に「サクサク動く」を選択する国があるとするならば複雑な気分になります。
ミクロとマクロでのメリット・デメリットの合成の誤謬。
初対面の人でも腹を割って話すと仲が深まりやすい。ネットは人と人をつなげる力があると思うが、それは興味関心をSNSだったりHPだったりで「表明」をしていて、一種腹を割ったような情報があるからだとも思う。そういう意味で、情報を伝える環境が変わったのだから、情報の取り扱い方も変わっていくのだと思う。
人によってどこまでの情報を公開したいかの考え方は違う。公開するほどリスクが高まる側面は否めないだろう。だけど、公開することで広がるチャンスもある。そこを個々人が自分の趣向や環境で選択していくことと、セーフティラインとして政府やサービス提供者が考えていくこと、その試行錯誤をして進化していくしかないと、読みながら思った。
正に昨日の前編でのコメントで、GDPR推進の欧州と、プライバシー上等の中国の対比を挙げましたが、結局は不可避なテクノロジーの進化(イノベーション)に対する、人間の感情的な拒絶反応を社会としてどうコントロールするか、という話で、拒絶反応が大きく出た欧州と、情報統制したい国家と利害が一致しながら突き進む中国と、社会的ストレスが守旧産業の明文/非明文的な規制などによってあらわれている中間にいるその他先進国、という構図になっていますよね。もちろん一番勝つのは中国になってしまいます。こういう分析/整理はできるものの、間にいる日本でじゃあ何ができるのか、ということで言えば、政官のみなさまがこの状況を正しく理解し、一つ一つの制度設計をより進歩的な方に少しずつ寄せていくことの積み重ねしかないように思いますし、トップたる首相の姿勢が重要。その意味では色々批判のある安部政権ですがこの点については、歴代の日本に比べると日本の割にはよくやってるな、と感じているところです
日本政府も、EUやアメリカと同様路線で規制の動きに傾いています。
6月15日に発表された成長戦略にも年内にプラットフォーム規制に向けた基本原則を策定することが明記されています。

消費者委員会に出席した時の印象では、日本政府はプラットフォームに関して十分な知識や情報がない状況。どれだけ実態に伴った検討がなされていくのか注視していかなければならないし、民間側も積極的なロビーが必要と考えています。
昨日のコメントに似たインタビュー内容ですね。先日中国に行った際により強く感じたことで、誰が見ても自明の流れですね。

再掲:
プライバシー問題が表面化し議論に時間をかけている間に、ビッグデータ関連の産業の中心はアメリカから中国にシフトしていく流れですね。
独立された個という感覚があまりないアジアとの違いがありそう