新着Pick
1077Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ミハル・コジンスキー博士にようやくお話を聞くことができました。

博士の言葉で印象的なのは「プライバシーはもうない」という言葉でした。プライバシーはもちろん大切だけれど、もう私たちは守りきれない時代に生きていて、その事実を認めなきゃいけないということでした。

アメリカでは本当に多くの情報が売買されています。名前を引けば、住所と電話番号まで出てくるオンラインイエローページもあります。実際に利用したこともありますが、きちんと利用できるものでした。そこまでの情報と、ビッグデータを掛け合わせれば、逆に導き出せない情報は、ないのではないかと思えます。

そういう時代に、私たちはどう行動するべきか。「プライバシーが大切だから情報は一切出さない」といういう方向に行くのが正しいのか。後半の明日は、コジンスキー博士のインタビューをたっぷりお届けします。
FB、Google検索、Googleフォト、そしてNPの履歴を辿れば私の考えも行動も全てトレースできるし、予測もできるのではないかと思います。
ただ私自身に関していえばあまりそれが気になってはいません。
それは守るべき有形資産や秘匿情報がないのに加え、ストーキングの対象にもなりにくいオッサンであるからでしょう。
資産や立場を持たざるものの方が発信は確実に自由度が上がります。
これから大成功の可能性のある起業家や政治家、公務員になる可能性のある若者は今のうちから発信に関しては注意が必要ですね。
なんとも世知辛いことですが。

これからはSNSライフプランナーみたいな仕事が生まれて、守るべきものを守るためのインターネット設定から行動アドバイスまで受けることも普及しそうです。
「残念ながらプライバシーは消え去りました。プライバシーがあった時代に戻ることはもうできないのです。私たちがすべきことは、ここに座ってどうやったらこのポストプライバシーの世界を私たちが生きやすい場所にしていけるか。それを今話し合うことなのです」というのが印象的。

そもそも、プライベートの対概念であるパブリックをセットで考えること、「プライベート」というのが、環境や状況によって変わりうることなど、複雑な言説を含む中で、デジタル時代のポストプライバシーの世界をどうしていくのか。社会の美意識の問題だと思うし、究極、(マイクロソフトではないですが)他者への共感とか思いやりを重要な価値規範としていくことが必要になのではないかと。

そういう意味でも、Facebookがちょうど1年くらい前に、ミッションを「making the world more open and connected(世界をよりオープンにし、つなげる)」から「give people the power to build community and bring the world closer together(人々にコミュニティ構築の力を提供し、世界のつながりを密にする)」に変更したというのは、とても重要であり示唆的かと思う
「いいね」の数で、肌の色、支持政党、性的傾向がわかるという。これ、衝撃的のようにみえるけれど、実際には、「ラップ好きには、黒人が多い傾向がある」といった誰もが感じる印象を、数値化しただけのこと。

それが、これだけ社会的インパクトになるということはー、
人間を表面だけでは理解できたような気になる時代が終焉し、これからは目に見えない、深いところで、もっと自分と他人を理解すべき時代に入ったということじゃないかな?
「ヒラリー・クリントンは、有権者のターゲティングに、実はトランプ陣営の3倍の資金を投入しました。でも彼女はその非難にさらされなかった。何故だと思いますか?それはCAよりもずっと賢い人を採用し、誰もその方法を口にしなかったからなのです」
日本の話ですが、DMPを見ているとクッキーでここまで情報が取れるのかと今さらながらびっくりします。。

個人の名前以外は全部紐付けられているんじゃないかと思うくらいで、性別・年齢・年収・職業などどうやって取っているか疑問に思うようなデモグラデータも紐付いていますよね。また、PCとスマホなどデバイス横断で同一人物と判定できるようにもなっています。PCで見た商品をスマホでリタゲされて驚いたことのある方もいると思います。

ということで、SNSのアクティブユーザーであろうとなかろうと、ポストプライバシー時代なのは変わらないと思います。明日のインタビューも楽しみです。
本当に興味深い研究。いいねは無意識に押していると思いますが、無意識に押しているからこそ、意識的に隠しているような本音が出ているということなのでしょう。これからの時代、自分を隠したかったら、SNSはもとより、何の情報発信もしないという選択になりそうです。ただ、それで社会的に豊かに暮らせるのかという疑問も残ります。

”研究によれば、平均68の「いいね!」でユーザーの肌の色(95%の正確性)、性的指向(88%の)、支持政党(85%)をはじき出すことができる。
10個の「いいね!」で同僚、150個の「いいね!」で両親、そして300個の「いいね!」で配偶者よりもユーザーを”よく理解”してしまうのだという。”
氏が最後に言っている通り、技術の進歩によって「プライバシーは無くなったということを前提に」色々なことを考えていくことが必要になっていますね。もちろん、そこが本当に際限なく進んでいる感じがある中国と、GDPRなど保護側に振れている欧州などの濃淡はありますが、大きなベクトルは同じ中での誤差程度にしかならないような気がします。
「残念ながらプライバシーは消え去りました。プライバシーがあった時代に戻ることはもうできないのです。」

ここまではっきりと言われると、なんだか腹をくくらなきゃという気持ちになりますね。
何気ない “いいね!”だからこそ、そこから深層心理を読み解かれていると…。
易々と押すのが怖くなります(苦笑)

とはいえ、裏を返せば、真っ当な話で。
我々自身もインターネットを使って、多くの情報を探し求めているわけです。
探されたり開示されたりする対象が自分になる場合が巡ってくるのは、普通に考えれば当たり前のことなのかもしれません。

それが嫌ならば、Facebookを辞めればいい。
SNSという、ソーシャルなものに手を出さなければいいわけです。
匿名性のTwitterでもユーザーを特定できる時代になりましたからね。

ソーシャルに発信する行為をするならば、自身の責任は自身で管理しなければならない。
そして、利用するなら自身の情報を開示していることを覚悟すべきだということです。

SNS時代になった今、ある意味、すべての人が “公人”と言っても過言ではないのかもしれませんね。
いいねを押すのは無意識的だからこそ、その人の素が出るのかもしれない。
そして、それを悪用されるのは誰もが望まないが、理解をされてそのもとに善い使い方をされる可能性もあると思う。曽根さんのコメントに重なる部分もあるかもしれないが、パブリックとプライベートという文脈で「プライバシー」を考えると、誰の情報なのかと、誰に公開するのかというのがある。自分の情報を自分のため(他者には公開せず)に使えること。
明日が楽しみ。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
47.0 兆円

業績