新着Pick
500Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中にもありますが、ベンチャーシーンが変わってきているというのは間違いないです。いろんな文脈で日本のベンチャーはダメだ的に批判する人はいますが、エコシステムという観点では時系列で見たら確実に発展しています。ブームとかではなく、長期トレンドとしてずっと拡大傾向にあるので、時系列的な変化で見る必要のある対象だと思います。

連続起業家、現役経営者かつエンジェルみたいな層はこの15年ぐらいでじわじわと増えてきていますし、創業者として一生所有することにこだわらない起業家が増えてきているという点もPEファンドとの接点が出てくるのも必然かと思います。

M&Aも増えている中で、やっぱりMBOしたいというときの頼れるパートナーとしてもPEファンドの存在は重要になってきています。

個人のキャリア的な観点でも、将来PEに行きたいという若手は、投資銀行からじゃないといけないと思ってる人が多いですが、こうしたトレンドも加味するとスタートアップやベンチャー経験がプラスになってくる可能性が高いと思います。
記事のタイトルがわかりづらかったのですが、ミレニアム世代の起業家は、起業してもその企業を保有することに拘りがないので、PEといては買いやすくて良い、との趣旨でした。PEとしては投資もしやすいということで、起業家にとってもExitしやすい環境が増えるのは望ましいので、良いことですね。
ビフォーメルカリ、アフターメルカリで、日本のスタートアップシーンが一変するだろう。

シリアルアントレプレーを中心として、今までとは比べものにならない優秀な起業家が、100億という単位で資金調達をして、大勝負をする。

日本のスタートアップシーンが、シリコンバレーの世界観と同じステージにあがるだろう。
なぜミレニアル世代経営者はEXITに抵抗感が少ないかを深掘りする必要があります。下記引用のように経営者に求められる要件が変わった際に、企業ステージに合わせて自分が変わらなければならないとするか、自分の特性に合う企業ステージを新しく手がけるかで後者を選んでいるということであり、これは自分が「やるべきこと」よりも「やりたいこと」を重視する世代の共通項が経営者にも見て取れるということだと思います。

 「才能があり、頭の中が新規事業で満ちあふれている。でも、会社の規模が大きくなって管理業務が増えるのは苦手」
代表が取材を受けました。原文の英語記事には登場してますが、担当している「おいしいプロモーション」社に事業を譲渡した天丼の金子半之助、つけ麺のつじ田の創業者も、引き続き会長としてサポート頂きながら、連続起業家として次なる事業に携わっております。3〜40代で一度PEファンドにEXITして、一部再出資して共同経営しながらPEファンドと異種格闘技をして、お互い勉強して次の起業や投資に活かす、というのは今後起業の一つのルートになるかなと感じています。
ミレニアル世代、、関係ないような気が、、。

メルカリさんの作った価値観は今後のスタートアップシーンに大きな影響があると思います。

目的を「会社」そのものにおくのでなく、起業家は「事業の提供価値」におくべきで、そのときに取れる選択肢をできるだけ広くもち、最善の決断をしていくことは良いと思います。
ちょうど来週、当地のイベントで「日本のベンチャーのエグジット戦略」パネルのモデレーターをすることになっているので、とてもタイムリーな記事。

山田氏の経歴は、シリコンバレーではよくあるパターンですが、日本ではこれまで稀有。特に、最初のベンチャーをシリコンバレーの大手ベンチャーZyngaにタイミングよく売却(今やZyngaのほうがダメダメに・・)して次に行ったというのは、いかにもシリコンバレー人ぽいです。

これまで、日本のベンチャーはダメという話はいくらでも出ていますが、「これで勝つる」という成功例が出たのはとても心強いです。
昔から言われるようにゼロイチの人と、イチを10にも100にもできる人は違う場合が多かったりします。起業が得意な人が事業を立ち上げ、それを拡大するのが上手な組織が引き取り成長させていくエコシステムができるのであれば、もっと起業しやすくなるし、社会として役割分担が良い意味ででき、社会が活性化すると思います。
国内未上場スタートアップの新しい出口の一つとして、PE(プライベート・エクイティ)が興味を持ち始めているという記事。記事中には連続起業家(シリアルアントレプレナー)の存在として、メルカリ山田さんをはじめ、木村さん、けんすうさんが登場。僕の理解はこう。
・日本でもシリアルアントレプレナーが目立つようになってきた(自分も同じようなもんか!?)
・彼らは一つの会社を一生やろう、という前提が良い意味で ない。次々と新しい価値を生み出す側にまわる。かつ、大きな組織をマネジメントするのが苦手orそんな高いモチベーションがない。まさに会社を保有し続けることに固執しない。
・PEといえば、大型企業の再生という規模感も大きく、歴史ある企業のイメージだったが、シリアルアントレプレナーに注目し、小さくて若い歴史のスタートアップの全額買収&IPOや再M&Aなど、新しいマーケットとして可能性を感じる

というもの。
確かに言われてみれば、新しい第3の出口の印象を持ちました。起業家は常にあらゆる経営選択肢を見ながら、事業成長にとって最も合理的な選択肢を取る(M&A含めて)ものですが、ここにPEが選択肢に増えることで、今までと異なる事業フェーズにおいても、事業継続拡大の大きな意思決定を取ることが可能になるし、既存投資家にとっては、通常当時から5年〜10年かけて投資回収していたロングタームが、短くなる案件も発生するので、その分、エコシステム還流のスピード感が加速する(再投資する)可能性も感じます。つまり、全体として良い効果が出るのではないかと。1点、私に見えないのが、「誰が新CEOになるのか」。創業起業家が引き継いで新体制も担うパターンもあるだろうし、完全に入れ替えるパターンもあるでしょう。その場合、どんな人が適任なのでしょうね。規模的にはまだまだスタートアップなので、大手事業経営者というより、やはり、ここも連続起業家なのでしょうか?
アメリカと違ってマザーズがあって上場が簡単な日本でPEファンドによる買収が必要かな?むしろ事業会社による買収や、スタートアップ同士の統合が増えていく方が良いと思う。ある程度以上の規模がないと世界で戦えないので、買収が増えるのは良いことだと思う