新着Pick
944Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、スタートトゥデイ(10月からZOZOに社名変更)の記者会見に出席してきました。いつもはラフな格好で現れる前澤社長がスーツを着てきたので違和感たっぷりでしたが、まさにそのスーツのPB発表でした。

NewsPicksでは、昨年末にZOZOのPBに関する特集を組みました。ただ、それ以降なかなかZOZOSUITが届かなかったり、届いても計測が複雑だったりして、PBの先行きを不安視する声があがり、特集を担当した人間として、動きをずっとウォッチしていました。
この半年間、何があったのか。そしてこれからZOZOは何を目指しているのかを簡単にスライドにまとめました。

家電や自動車など、日本の基幹産業が続々と苦しくなる中、ユニクロや無印などアパレル・生活雑貨関連の企業が世界で認知度をあげています。もしかするとここに一つの勝機が眠っているかもしれません。日本のアパレル業界は世界でさらに飛躍できるのか。今後も注目していきたいです。
人はなぜモノを買うかについて、機能と情緒の軸で考えることがあります。
●商品やサービス自体が持つ機能性・情緒性
●買う理由としての機能性・情緒性
を掛け算して、2×2でいろいろな商品サービスを見てみると、新しい発見がある場合があります。

例えばごく一般的なファッションは、服が持つ特性は機能というよりは情緒、買うときの気持ちもかっこいいとかかわいいという情緒なので、情緒×情緒です。
これが例えばル・クルーゼのお鍋だとすると、商品が持つ機能性はすごく高いのだけど、買っているのは機能的な鍋ではなくて「ル・クルーゼのお鍋のあるステキな生活をしているわたし」だったりするので、機能×情緒に見えます。
このように、機能に振っているように見えて実は情緒で買っている商品やサービスが意外とあると思っています。

さて、ゾゾスーツのPBですが、今のところは機能×機能に見えます。今はモデルさんの写真を見せてパッと買ってもらう情緒×情緒というファッションの王道を行っているように見える中では結構なジャンプに見えて、テクノロジーという文脈以外でもこのチャレンジの新しさが見えてきます。
最近はメルカリの上場、ユーザベースのQuartz買収と、日本発ベンチャーの海外本格展開へのチャレンジが盛り上がってきていますが、StartTodayも本格的な海外展開を表明しましたね。楽天が先陣をきって本格的な海外展開を宣言してグローバル化をしていったのが2010年頃ですから、インターネットサービスカンパニーによる海外チャレンジの「2.0」的な流れを感じます。

あと、「マスカスタマイゼーション」という言葉を聞いて、ああ、本当にインターネットは完全にリアルに染み出してきたな、という実感を覚えます。ひと時代前なら「マス」と「カスタマイゼーション」は相反する概念で、インターネットがそれを覆していったわけですが、いまやそれがリアルの世界でも成立するようになった。

人とは違うことをやること=競争をしない、楽しいことしかやらない、などという前澤社長の考え方は、(ちょっと前のバスキアみたいなこともあって)「異端の経営者」のように言われているように思いますが、本質的なところで、すごくまっとうというかド真ん中をついていて、ぼくは好きですね。
昨日のイベントのお土産でやっとZOZOSUITを手に入れました。
その後の顛末を。

早速事務所で着用→採寸で、アシスタントと一緒にわちゃわちゃ
大騒ぎ。
まず、あの見た目ですが、スタイル抜群のアシちゃんは
まるでオードリーヘップバーンのサブリナスタイルみたい。
ドットのオールインワンを着ているかのよう。
しかし採寸まで、アプリに「もう少し前」「もう少し後ろ」「確認できません」のどSな指示を受けたり、フリーズ3回、心折れそうに。
結果、着用から30分ほどで採寸結果がでました。

そして、私の番。
もはや拷問でしかありません。笑。
先程よりスキルが上がって採寸はスムーズに終了。

し、か、し、結果は残酷です。。。

女子のZOZOSUITS浸透率を会場で伺いましたが、企業秘密と言われました。

女子にとってはサイズのリアルはできれば見ないでおきたいもの。
かなり、シークレットなもの。

オーダースーツに慣れた男子には分からないかもだけど。

確実な効果としては、ダイエットにめっちゃ前向きになりました!笑
私自身、身長もある、横もある(泣)ため、ワンサイズ信仰のドメブランドはほぼアウト。そんな女子は沢山います。
だから昨日別室で展示されていた、あらゆるサイズのオーダージーンズの巨大なラックは、ちょっと感動的でした。

今後女子にどう受けるか?

この辺りの心理的な推移を見ていきたいですね。

そして、オーダーしたTシャツ、ジーンズの結果報告も、
到着次第このコメントに追記しますね(╹◡╹)。
発表の一番のポイントは、島精機だと思う。
体型に恵まれない人は、体にぴったりした服を着ればいい感じになるかというとそうでもないのが悲しいところ(経験上)。
75カ国展開なら、アフリカの国も1つくらいは含まれていることを期待して、アフリカから申し込もうかなあと思ってます。
僕も前澤さんと同じく、この身長の低さにより既製服でいつも困っています。その結果、TシャツはGapのXS、ジーンズはユニクロの一番小さいサイズをさらに丈を切って履く。そして毎回サイズを探すのが面倒なので結局、同じものを毎年何枚も買っていつも同じ服を着る。と言う今の姿に行き着いてしまっています。特にアメリカには全く合う服がないのでこのZOZOSUITが海外展開されるのは本当に待ってました!
Tシャツ、デニムであれば多少の誤差があっても大丈夫かなと思いますが、オーダースーツとなるとユーザのサイズに対する期待はカジュアルの時の比ではないでしょう。ZOZOスーツでの精度の問題が指摘されていますが、精度を上げられるという自信の現れでしょうか。

ZOZOスーツ楽しみに待ってます。まだ来ないけど。
やっと新型ゾゾスーツ届きました。でも採寸めんどくさいなー。旧型は着るだけだったから楽だったのに
これ製造業の方見たら当たり前だと思うんですけど、開発するのと増産するのは全く違う知識や技術なのでそこ単純に抜けてたんだと思います。これからPBで攻めていくとなるとアパレル製造に加えて自動車業界とか家電メーカーとかの製造部門の人材が必要になって来るのではないでしょうかね。

そして驚いたのはスーツをオーダーできるという事。私も毎回スーツはオーダー(しか合わないので)するのですが、スーツはくせ取りとかパターンとか修正する箇所が多いのと、パーツがとても多い製品ですのでとてつもないチャレンジなのではないかな。と思いますし最高の物は難しいでしょう。
したがってターゲットは価格から見てもスーツカンパニー以上麻布テーラー未満で満足できる層でいわゆるスーツのマス層になるのかなと思います。
この先はワクワクする。特に海外展開について、これまでの大手のファッション小売は「実店舗」が基準でした(中小だとSNSをうまく使った例はある)。どんな手法で、海外に広めていくかは非常に注目度が高いです。
一方、周りのZOZOSUIT利用者の「サイズ再取り込みロス」や「好みのサイズとのアンマッチ」も起きてきているのは事実。引き続きの改良をよろしくお願いします!
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
6,548 億円

業績