新着Pick

「深夜0時にお届け」を実現 —— 宅配ベンチャー“スキャッチ”が挑む、ネット時代の物流イノベーション

Business Insider Japan
人手不足が深刻な物流業界、それに逆行するように、早朝、夜間に1時間単位で、荷物を配達してくれるサービスがある。しかも、手がけたのは物流企業ではない。ソフトバンクの社内ベンチャーで誕生した「Scatch!」(スキャッチ)だ。 ユーザーはドライバーの位置をマップで見ることができ、配達時間を細かく把握、結...
873Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Uber eatsの配達オペレーションモデルをサービスECの再配達低減に向けて非稼動時間に適用した素晴らしいアイデア。
確かに。日本のアルバイトはコンビニや24時間チェーンで早朝や深夜シフトをこなす人が沢山いるもんね。
ここをアマゾンさんが使い出したりしたら面白い流れに^_^
たしかに物流にはまだまだ大きなイノベーションの余地がある。
BtoCのC側のアイドリングタイムを減らしB側の雇用環境を改善する。
別の方がコメントされていましたが、大手物流との競争より棲みが進み双方にメリットありな気がします。
期待。可能性を感じています。
宅配してもらうのを待つために何時間も拘束されるユーザー側も、配達しても再配達を繰り返してしまい非効率になっている事業者側にもお互いマッチするサービスだと思います。
労働環境等への配慮をしつつユーザーの使いやすさを増して欲しい。
深夜は道路が空いているので、フットワークがうんと軽くなります。

これは上手く考えましたね〜。
しかも、スマホ連携。

利用者は増えると思いますよ。
コスト面が気になります。将来的に「個人宅に直接配達する」「深夜対応」などユーザー側が個々人で必要だと考えるサービスを付加価値できるようなLCC宅配便などに転換できれば、様々なニーズに対応できればよりいいですよね。
スキャッチ代表の武藤くんはソフトバンク時代の同僚でもあり、ソフトバンクアカデミアの同志でもある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ネット時代に新しい(物流の)仕組み作りを」とスキャッチを発案、「スマホを使ってドライバーの負担を減らし、オペレーションのしやすさを追求した」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という、彼の念いを心から応援したい。

ニーズがあるのは困った人の助けになっているという可視化されたバロメーター。
そして、2段目、3段目の施策をさらに期待!!
消費者体験としてとても新しいと思います。通販を使っていて悩むところを絶妙に解決してくれると思いました。深夜に働くドライバーさんにしわ寄せがいかないように注意は必要ですが、広がっていくといいなと思います。

現在の宅配ニーズは2時間ごとに区切られることが多いですが、それが1時間単位になり時間帯も広がることで、ニーズをより細かく把握できるようになりますね。そのデータを活かしてさらに効率化もできそうです。
市場が成長していく中で、インフラ自体はマンパワー。といった領域から中々出られないので、記事内のサービスなどがどんどん増え、同時に事業側としては立つマンパワーへの投資をより加速させたいところです。
ソフトバンクの社内ベンチャーで生まれた「Scatch!」のお話です。再配達率を低下させることは急務ですので、どれほど浸透するか期待です。

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン