新着Pick
1301Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
先程千葉さんのドローンチームに現場の高解像度の空撮をやってもらって安全を確認してからいま、現場検証中です。燃料満タンでどのように機体が散逸するのか、それはそれで貴重なデータとなり万が一の安全対策にも役立つし原因究明にもなります。今回T-0までのリハーサルは入念に行いましたが点火後のリハーサルは出来ないので想定外のトラブルが起きました。これからしっかり原因究明して次の打ち上げに臨みます。エンジン周りのトラブルであることは間違いありません。
北海道で3回目の打ち上げチャレンジした堀江さんのロケット🚀「インターステラテクノロジズ」のロケット打ち上げが、なんと、落下、炎上して失敗に。今からドローンチームで現地入りしますが、怪我人はゼロとの速報で何よりよかった。今日はこれからインターステラの皆さんは大変だと思いますが、日本の民間ロケット開発の火をここで止めてはいけない!スペースXだって、何度も何度も落としてたし!失敗の先に成功があります。皆で応援しましょうよ、こういう時こそ。
▼落下、炎上の動画
https://mobile.twitter.com/taka_12_05/status/1012800585446256640?s=09
なんと。。。。エンジンが打ち上げ後すぐに推力を失ってますね。何があったんだろう。続報を待ちましょう。

でもこうやってコメント欄に失敗を前向きに捉える意見が並んでいるのは素晴らしいこと。資金が厳しくなるだろうが、是非頑張ってほしい。
今回も現地で見ていました。
発射音がして、一度は打ち上がったのかと思ったのですが、その後、実験場周辺が燃えていることが双眼鏡越しにも見え、失敗したことがわかりました。
映像で見ると、一度は打ち上がったんですが、途中で火力がなくなったのか、あるいは意図的に止めたのかで落ちてきていますね。
詳しくはまた解説があるのでしょうが、まずは怪我人がいなくて何よりです。
よく言いますが、成功するまでやめなければ今のは失敗にならないわけです。

宇宙開発事業なんて採算を考えていたらとても取り組めるような事業ではないと思います。経営者のビジョンの下、それこそ夢にお金なり、時間なり、技術なりを投資できる人を集め続けなければいけないという経営の難しさもあります。

堀江さんは何かと物議を醸す人ですが、夢を事業という形にできる日本では数少ない人材の一人と思います。ぜひ頑張って欲しいです。応援しています。
Elon MuskはSpace Xにおける数々のロケット離着陸失敗を「僕の好きな爆発」として動画にまとめた程。失敗は成功への第一歩。
https://youtu.be/p9FzWPObsWA
うーん.今度はエンジンか.途中で燃焼停止.推進剤か液体酸素の供給が停まったか.
これまでエンジンは上手くいっていたのですが.厳しいな...

【追記】高解像度動画
https://youtu.be/3NYItZutXmo?t=1h28m35s
今回取り入れたジンバル制御に関しては,サイドジェットも見られて機能はしている模様.エンジン停止後の白い煙はパージか?何らかの原因でエンジンが停止し,安全措置から停止シーケンスに移行したか?

【補足】
今回とあまり関係はないが,日本で開発されている小型ロケットをまとめてみよう.(開発先行度順)
1. JAXA SS-520(打ち上げ成功)
2. インターステラテクノロジーズ(ホリエモンロケット)
3. 北海道大学 永田晴紀教授,植松電機 CAMUIロケット
4. PDエアロスペース
 http://pdas.co.jp/
5. 新世代小型ロケット開発企画株式会社(キャノン電子)
 https://www.discoverychannel.jp/0000006528/
6. 九工大 米本浩一教授 スペースウォーカー
 https://www.businessinsider.jp/post-160851
失敗だけれども失敗ではない。失敗は成功の母だから。諦めずにやり続けられるかどうか。
日本のH2Aロケットが39回中38回の打ち上げ成功と、あまりに出来がいいので私たちは簡単ただと誤解しがちですが、ロケットの打ち上げは難しいですね。あのスペースシャトルも失敗しています。
開発はデータの積み重ねが何より大切。失敗は成功の母、七転び八起きを肝に銘じて頑張ってほしいです。
MOMO2号機の打ち上げが実施されたが、失敗に終わった。とても残念ですが、データを集めて次に繋げてて欲しい。この挑戦は多くの人の希望だと思う。