新着Pick
853Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
10年も前に「移動の再発明」に着手していたとは、先見の明があったとしかいいようがない。ベンツがここまで積極的に多方面でモビリティサービスへの投資を進めているとは知らなかった。これだけ見るとトヨタは結構遅れをとっているんですね。

VUCAの現代において、フレネミー(Frienemy=Friend+Enemy)という、協力しながら競争する関係はもっともっと増えていくと思いますが、ここまで思い切って舵をきっているのも珍しい。

ビジネスのトレンドは、テクノロジーの台頭×産業・機能への応用×社会的価値観・潮流の変化のかけあわせで生まれてくると思っています。これまではディスラプトされる産業側はテクノロジーの台頭に対して守る防御線が中心だったのに対して、こういう産業界のビッグプレーヤーたちがテクノロジーを持つベンチャーに積極的にしかけていくケースは増えていくんでしょうね
FintechやMeditechなどと同様に、CartechというX-techのXサイドのプレーヤー自身がディスラプターになる例ですね。

テスラが出てきたときにも言われましたが、このままでは自動車産業がGPSや通信を握るテクノロジー企業の下請けに成り下がるという危機感でしょうか。

銀行業界でも徐々にこうした動きは出てきていますが、日本ではこれからですね。
世界最大のカーシェア企業「car2go」から、欧州最大の配車サービス「mytaxi」まで。

いつの間にダイムラーがこれほどのモビリティサービスを提供する企業になっていたのか、歴史を紐解いていくと、破壊者ディーター・ツェッチェCEO就任後にすべてが変わっていたことに気付きます。

解説の中では、近年、ダイムラーを追うように加速してきた、巨大自動車メーカーによるテック企業買収戦争についても整理しました。未来のモビリティの覇権を握るのは誰か。デザイナー砂田によるビジュアル完全解説をお届けします。
デザインを担当しました

高級車とは別の顔ーー「移動」全体を再発明するダイムラーを率いる破壊者の存在とビジョンが、よくわかる内容になっています。
予告編をあわせてお読みいただくと、よりこの記事がすんなり入ってきますので、そちらもぜひ!

ガソリンエンジンの時代を切り拓いたという矜持があってこその、ダイムラーの今後の戦略と自動車BIG5との競争は注目ですね。わたしも本特集で学んでいきたいと思います
1週間どうぞ宜しくお願い致します!
「破壊者」とタイトルにつける以上、ツェッチェがクライスラーに始まる大リストラをした辺りからもっと知りたい。
破壊と創造の歴史で、どうして未来のモビリティー事業の青写真を描くに至ったかに興味がある。
サラリと流しているが、クライスラーや本社でのリストラはドラマだった。

買収を通じて、ダイムラーが将来に向けての布石を着々と打ってきているのはわかった。
一方で、現在の好業績を支えているのは好調な乗車部門であることも紛れもない事実。

乗用車一つとっても十分将来のコネクテッドインフォテイメントに対応出来ているので、
その辺りのハイテク性にも目を向けて、それが将来どういう位置付けになるのか?
買収したモビリティーサービス事業との関係は?
という部分に興味がある。
テクノロジー企業の買収というとどうしても米国に目を向けがちだが、こうやって並べるとスゴイ!そしてBMWとの提携など自分が気付いていなかったものもあり、反省…

ファクトの補足として、Daimlerの2017年12月期の売上1643億ユーロのうち、乗用車は910億ユーロと半分ちょっと。残りはトラックが342億ユーロ(約2割)、金融223億ユーロ(15%弱)、バンやバスなどその他商用syが168億ユーロ。
シュトゥットガルトといえば、サッカーのイメージしかありませんが、今回の取材をするまで、まさかその街で自動車の大変革が起きているとは知りませんでした。

自動車メーカーはどこも答えを見つけ出せぬまま、それでも走り続けています。そんな中、答えを見つけないと動けない日本企業は生き残れるのか。これまで日本を支えてきた基幹産業だけに非常に気になります。

これから7日間で、ベンツと自動車の未来を丸裸にしていきます。よろしくお願いします。
ダイムラー、に限らず他の自動車会社、が車をプロダクトからサービスに転換する上で最大の障壁はなんといっても既存事業20兆円の売上です。Dr.Zもすでに就任から12年経ってます。10年前から構想着手していますが、種はまけども花は咲かない。時間との戦いですが、残念ながら間に合わないのでは。
THE CONNECTED DAYでトヨタが伝えたメッセージは、繋がる事でした。
車とヒトが繋がる事を打ち出したのに対して、ダイムラーはヒトとモノの移動を中心とした巨大なプラットフォーマーとして、モビリティサービスを提供しようとしています。

GAFAはコミュニケーションという軸でスマホの普及と共に帝国を築き上げました。
次の時代は「移動」を軸とした新たな帝国の胎動を感じます!
かつての成功は、今や変化への障害になっている。中々自分たちの取り組みに関して、ここまで言えるトップって言えないですね。その上で自分達の事業を再定義するのは、物凄い推進力で凄いです。
この連載について
日本人に馴染みの深い高級車ブランド「ベンツ」。しかし、約130年前に自動車を発明したベンツは、今や単なる「高級車の代名詞」ではない。トヨタの10年先をゆく、独ダイムラーの「最先端」を正確に解剖するNewsPicksオリジナル連載。
ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績