新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の就労者の50人に1人は外国人のため、既に多くの外国人を受け入れているのは事実。2016年度の日本で生まれる外国人(両親が外国人・どちらかが外国人)の数は約3万人と全体の約3%になる。このため、国外、国内でも増えているのが現状。

ただ、OECD加盟国は35ヵ国のデータだけで、そのなかで世界4位っていうのは少し違うかと。
2015年度の国連が発表した世界の移民人口の資料によると、日本は世界で28番目となっている。少し前なので、誤差はあるかもしれないが全世界で見るとまだまだ移民が多い国にはならないかと思う。

むしろ、今のタイミングは移民に関して考えるいい時期だ。
そもそも論だが、国連が定める移民の定義が正しいわけではなく、その国にあった定義が必要。そこもふくめて、いろんな方が移民政策に興味を持ってくれるといいな。。