新着Pick
567Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンは、楽しい買い物と楽しくない買い物の、楽しくない買い物が得意なネット通販企業です。

アマゾンは、楽しくない買い物のストレスを一般消費者から解放することで、売上を上げてきました。

だから、早く、待つストレスを無くす物流を組んでいるのです。

特に、プライムナウ は、その典型ですよねー

なので、このネット薬局の取り込みは、間違いなく成功するでしょう。
薬局に薬を取りに、定期的に足を運ぶというストレスから、消費者を解放するわけですからねー
米国では、処方箋による投薬もネットでできるのですか〜!
便利ですね。

ネット通販となれば、アマゾンが触手を伸ばさないはずがありません。
アマゾンにとってヘルスケア分野は未開拓のフロンティア。ただCVSがすぐ近くにあるからどこまで便利かは分からんなぁ。

ちなみに中国にはNew Peakというネット薬局スタートアップがあります。
PillPack、Crunchbaseを見ると、2013年創業の会社で、これまでに約130億円調達。買収金額は明らかではないものの、大手ドラッグストアの株価は軒並み下がっている。
示唆するところは、Amazonが買収し、既に持っている顧客へのチャネルやノウハウと組み合わせると、一気に実店舗への影響がでる「期待」があるということ。これからどうなっていくのか、見ていきたい。
一方で、イノベーションのジレンマに相当するだろうが、株価的にはAmazonに変われるよりはドラッグストアのいずれかが自社で買った方が「まだまし」だっただろう。そういった防衛的な買収ができないレベルの金額には、過去の調達額などを見てもなっていないと思う。
https://www.crunchbase.com/organization/pillpack
これは凄いインパクト >アマゾンは米オンライン調剤薬局「ピルパック」を買収すると発表。今年後半に買収手続きを完了させる計画で、米国で医薬品販売に参入する。競合するドラッグストアチェーン大手の株価が一時、大きく下落した。
今後は遠隔診療とともに、この流れになりそう。
まずは慢性期の疾患が対象になり、その後に急性期の疾患が対象になるだろう。
小児科は、風邪などの急性期が多いから、この流れは他科と比べてゆっくりかもしれない。
アマゾンが米オンライン調剤薬局「ピルパック」を買収すると発表。米国で医薬品販売に参入する。これは大きなインパクトになりそう。
CVSヘルスやウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスの株価が大きく下がったようですが、アマゾンの影響力はそれだけ強いと市場が評価していることのあらわれですね。
どんどん、取り扱いがデリケート、とされるものが取り込まれていますね… 調剤薬局の中の方々がどうこのニュースを解釈されるか、とても気になります。
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
1,682 億円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
97.3 兆円

業績