新着Pick
355Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
巨艦はカンタンには沈まないが、沈み始めたら早い。
章男社長がそのことを一番良く分かっています。だから40万人近いトヨタマンに対して、一人ひとりが「バッターボックスに立て!」と鼓舞するのだと思います。
先日、トヨタのある幹部と話す機会がありました。「当社は幹部ほど働いています」と、その方は語っていました。
先日、相談役と顧問の大幅削減を発表したトヨタですが、ここに来て本来の力を発揮すべく大きく舵を切ったように見えます。

拙著からの抜粋記事ですが、自動車業界に起こるディスラプションの概況を、特に自動運転車を中心に整理したものです。

この変化はあらゆる業界で進んでいっていることはNPのユーザーの多くは既に知っていることだと思いますが、企業人はこのことを自らに関わることとしてますます意識する必要があると思います。

なお、来週のダイヤモンドオンラインの連載では、NPでもよくピックされるマツダの戦略についての抜粋が掲載されます!
EVと自動運転は切り離した方がいいですよ。
それぞれ目的が違う上に、技術的にリンクが乏しい。
なんでも一緒にって考えると技術革新や実用化の妨げになります。

いくら自動運転の電力消費が大きくても、動力として使うEVとはオーダーが違いますから。自動運転なら内燃機関車のバッテリーよりチョイと大きいバッテリーとオルタネータで解決するでしょうに。

自動運転とカーシェアもちょっと別に考えては?
自動運転無くたってシェアリングの要望はあるでしょうに。

『 次に、(2)については、もし完全自動運転車の普及が進めば、インターネットを通じてマイカーを他人に貸して収入を得られるため、自動車の資産効率は上がるが、いつでも借りられるとなれば車を所有しない人も増えるため、結果的に販売台数は減るという見方だ。』
これまでの自動車開発も、電子制御の登場や変化に富んでいた。変化に柔軟に対応し、時代を追うだけではなく、消化し自動車に適切な形に発展させて来たからこそ今日の自動車がある。
時代を追うだけの、家電やITとは違う。

傲らず、真摯に学ぶのは良いことですけどね。
確かに量産以外のビジネスモデル必要ですよね今後
この辺のキーワードはボジョレーの品評みたいに経営企画部の人が少しずつ変化をつけてかぶらないように頑張ってそう。その時々にスピード感とかプロアクティブとかキーワードもあるしチャレンジとかのNGワードもあるから大変。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
24.0 兆円

業績