新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
田んぼを広範囲で預かって管理する農事組合法人に良さそう。これによってより人員削減が可能になりますが、同時に米価の下落は避けられないでしょう。
よって農家が儲かるようにはならず、既存組織の持続化を支えるかもしれませんが新規参入はむしろ難しくなるとは思います。
しかし、長時間労働にしばられず、持続可能な農業であれば農産物を売ることで儲かる必要もあまりないかなと思います。
価値を別なところでも発揮していかないと。日本で農産物を売るということに特化した商売は厳しい。
本来なら、準天頂衛星みちびきを活用してアジア市場への展開を図るというのが狙い目でありますが、この高価格では厳しく、コントラクター(アウトソーサー)モデルやシェアリングモデルで展開しないと難しいと思います。
クボタやヤンマーは高いマシンを売るのが本業なので、どうしてもこうなってしまいます。
むしろ、既存のトラクターに後付けできる自動操舵システムを提供しているトプコンのような会社の方が、有望だと思いますね。
レベル2に相当との事。現状ではまだまだ規模が大きいところに利点ある形かなとも思いますが、これから数年で小規模事業者への展開も進む感じでしょうか。
なんだかイケメンなトラクターだ。
トラクターとか全然詳しくありませんが、デザインはかっこいい!
楽しいね。
関連記事一覧
来年2月から"田植え2.0"時代だ!ヤンマーが自動運転田植機発表 ICT技術でスマート農業 進む田んぼのイノベーション
自動運転ラボ
21Picks

今までにない新品種で、農業と日本酒の可能性を切り拓く!沢の鶴×ヤンマーの「酒米プロジェクト」が描く理想とは
SAKETIMES | SAKEカルチャーを世界に広げる日本酒ウェブメディア
17Picks

トラクターは無人操縦の時代! ヤンマーから「自動運転技術搭載」のスマート農機が発売
AGRI JOURNAL
16Picks

高い?安い? 1072万円で畑の革命...自動運転トラクターをヤンマー発表
自動運転ラボ
9Picks

農業にも自動化の波 ヤンマーやクボタ、井関から続々
日本経済新聞
8Picks

時速500km、無人運転って大丈夫? リニア開発本部長に聞いてみた
日経ビジネスオンライン
8Picks

自動運転の“進化版農機”は普及するか
ニュースイッチ
7Picks

ヤンマーの自動運転トラクター、差別化のポイントは「アップグレード可能」
MONOist
6Picks

ヤンマー、自動運転トラクターを発売…販売済み製品のアップグレードにも対応
レスポンス
5Picks

地域農業活性化に向けた JAぎふとのコラボによる ヤンマーのライスジュレフィナンシェを発売
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
5Picks