新着Pick
728Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
あまりメディアに積極的に出るイメージのなかった自然電力。ベンチャー企業なのに、とにかく事業のスケール感がでかくて、かつ中にいる方々も、とても大人な印象です(本記事中では「マスターズ」みたいな表現も使われていますね)。

ベンチャーならではの「スピード感」と、(プロフェッショナルという意味での)大人が集うことでつくられている「信用力」をかけあわせたユニークな企業カルチャーなんでしょうね。

市場としても、「再生可能エネルギーは2040年までに世界の電力の60%以上を賄い、市場規模は既存投資額を含めると1000兆円を超える」という規模感はあらためて聞くとすごいですね。アップルが「再生可能エネルギー由来の電力で作った部品しか購入しない」みたいな話も全然知りませんでした。

このどでかいマーケット(でも日本ではまだあまり来ていない)を、ユニークなカルチャーでどう切り開いていくのか。今後に注目ですね
かなりガッツリ支援させていただいている自然電力さん。記事中にある東京ガスとの資本業務提携でも、当時20代の担当者の方や代表のお三方と一緒に仲間として取り組まさせてもらいました。

代表のお三方がそれぞれ違った強みを持たれていて、非常に上手に役割分担されている結果、スピードと信頼の両立がうまく果たされています。

エネルギー・インフラは本質的にとても息の長いビジネスです。発電所は開発・建築に少なくとも数年かかりますし、その後の発電期間も20年以上が見込まれます。そこにがっぷり四つで組んでいく覚悟と、ベンチャーならではの若手の力の活用・経営のスピード感の両方をうまくブレンドさせており、ネットベンチャーとは一味もふた味も違う新しい時代の会社さんだと思います。
近い未来、1000兆円になるとも言われている
再生可能エネルギー市場。

ベンチャーでありながら
大企業出身のベテランのサポートも得られ、
20代30代の若手でも
積極的なチャレンジができる自然電力。

「1人1カ国のカントリーマネジャー」
という規模感で働けるなんて、
そんな経験、なかなかできることでは
ないと思います。

3人の代表取締役たちのインタビュー中、
働く人すべてに響くような金言が
いくつもありました。
一部を抜粋します。

●仕事ができる人は多分、共通項がある。
それは何かというと、“好奇心”や“強い想い”。

●「若さ」に「信頼」が加わると、
それは「希望」になる。

一見、コンサバティブな業界に思われがちですが
川戸さん、長谷川さん、磯野さんのような
30代の経営者たちがダイナミックな展開を
しているのは、本当に「希望」でもあります。

人への好奇心、自然への強い想い。

ここで働くことによって
地球をまるごと楽しめそうな、
とっても魅力的な会社でした。

ぜひ、ご一読ください!
実は私の父は三菱マテリアル(旧三菱金属)で地熱開発のパイオニアとして活躍していました。コストでは圧倒的な不利な状況かつ再生可能エネルギーという言葉すらなく世間の注目すらない中、地球のため将来の子供達、孫達の時代のために必要なのだといつも言っていました。

世界のエネルギーが、再生可能エネルギーに変わり始めてきた今、なぜ再生可能エネルギーが必要なのか、きちんと考えなければいけません。これは我々の生活を支えてくれる地球に対する恩返し。市場規模が大きいとかコストメリットがあるという次元の問題ではない。

企業は、どのように作られた電力を使うかを選ぶ時代になったと言います。それでは、不十分です。企業は地球の観点で使ってはいけない電力を捨てる勇気をもつ時代にならなければ、そして環境の問題、地球まるごとの課題に向き合う事が企業のミッションであると企業トップ自らが認識しなければならない時代なのです。Googleなどの動きは、このような高い志からきていると信じています。

再生可能エネルギーの分野ではまだまだ意識レベル後進国日本において、20代、30代の若者達がベンチャー企業を立ち上げ頑張っています。私達は、まず謙虚に彼らの意見や志に耳を傾け、評価するのではなく学ぶ姿勢で彼等を応援すべきなのだと心から思うのです。