新着Pick
907Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
特集最後は、経団連の会長に就任なさったばかりの日立製作所会長、中西宏明氏にご登場いただきます。

中西会長と言えば、世界各国の政府首脳や企業経営者に積極的に会う「トップ外交」やデジタル革命の推進などのご活躍が有名ですが、「グローバル・グレーディング」という日立グループの全従業員35万人の仕事の中身を分析し、その難度、希少性、市場価値などに合わせた報酬を支払う「脱・年功序列」を成し遂げたご功績は、大変に大きいと思います。

そんな中西会長は、本特集で定義した”おっさん”=新しいことを学ばない人、もきちんとコミュニケーションすれば、「俺だって、こう思っていた」という考えが出てくるはずですと、仰っしゃります。

コミュニケーションにより、自分のどこが古くて何を直すべきかも分かるーー自分にとって居心地の良い殻に閉じこもるのではなく、時には厳しいことを指摘されるコミュニケーションをしてみる重要性が分かりました。

最後に、特集をお読みいただきました皆様、本当にありがとうございました。
総論ではまともなことを言うけれど、各論ではほとんど実行できないという大企業経営者おっさんの特徴はまさに、「オレだってこう思っていた」。思っていても実行しない最大の理由はムダに敵を作りたくないから。敵を作って成功しても、あの人のスタイルはみんなに受け入れられない、という抽象的な評価になる。実績なくても敵がいなければ(社内の誰にも脅威を与えなければ)、あの人は「人望がある」ということで無難に階段を上がり社長までいける。オッサン社会の闇は深く、そして未来は暗い。
ちなみに今現在若さをウリにしている人たちも、40歳越えてくるとオッサン社会に飲み込まれ、同質化する人が9割以上でしょうから、溜飲下げてる場合ではないと思いますよ。
様々な議論をよんだ「さよなら、おっさん社会」。この度、経団連会長に就任した中西日立製作所会長に特集最後を結んでもらいました。今年の1月以来、NewsPicksには半年ぶりの登場です。

【中西宏明】大企業が「日本の基幹」だなんて、神話だ
https://newspicks.com/news/2764202/body/

【熱弁1万字】中西会長「モノで食える時代」は完全に終わった
https://newspicks.com/news/2153252/body/

中西会長は、日本企業の同質性を問題視し、年功序列の廃止、グローバル化、ダイバーシティがいかに必要か。本質的なところから指摘しております。ぜひ一読ください。
人間をグルーピングして、一つのラベルを貼ることの危険性。

そのラベルが
出身地なのか、
肌の色なのか、
性別なのか、
身体的特性なのか、
信条なのか、
世代なのか、
ライフスタイルなのか、
なんであろうかは関係ない。

差別する側が差別だと意識してないケースも、多い。
ハラスメントは何でも受け取り側が大事だと言っていた。

日本で生まれ育った私もこの感覚の敏感さは
ブラジルに来てマイノリティになるまで感じなかった。
まあそういうことなんだろうな。

ここから戦争紛争に言及するのは飛躍があるが原則は同じ。

人間の醜い部分は永遠になくならないのか、
という残念な、気持ちになった。

終わりよければすべてよし、とは、ならない。
と思った自分に、
中西さんの寛容さがなかった、
という点でも。
経団連、この恐るべき同質集団
https://newspicks.com/news/3116743/

この記事が先日大きな話題になった後でのインタビュー。
最初の質問はうまく交わされていますが(笑)、色々と凝縮された内容でした。

>一括採用は政府が要請するからじゃない? 経済界は、どうですかって。やっぱり経団連というのは「経済界の顔」として、そのこと(政府の要請)に対しては、非常に敏感だから。しかし、先程言ったように、経団連としての意見をまとめなくてはいけないと思っています。

一括採用の問題点についての解決案はそのひとつが経団連の意見だとは思うので、是非まとめていただきたいところです。

>自分の考えを主張していないだけだと思います。ちゃんと人とコミュニケーションを取ったら、「俺だって、こう思っていた」という考えが出てくるはずです。もともとの力はあるはずなんですから。
>まず自己否定からじゃなくて、自己肯定から入ってください、と言いたいですね。

自らが主張できる組織とするためには、確かに教育の段階から設計変更が必要でしょうが、組織としての評価制度の問題点を改善していく必要があるようにも思えます。

といった意味では、まずは本記事でも出てきた人事の改革が肝であり、人事自体の評価を減点式ではなくチャレンジ加点式にしないといけないのかもしれません。
同質化行動のメカニズムの一つであるherd behavior に関する論文を見ると、その事象の一から三目の意思決定の前提と行動が要と指摘されています。経団連が同質化を望まなくても、そこに続こうとする迎合をやめるインセンティブ構造の構築が重要だとも思うのです
おお。早くそうして欲しい…

「何月解禁だとか、そんなことを、なぜ経団連が言わなきゃいけないんだって。政府が、何かの議論の中で「経団連が音頭を取って決めてくれ」と言うから「分かった」と言ってやっているだけだ、と。
(経団連内部の)意見をいろいろ聞いてみると、今の新卒一括採用は、全然、時代に合わないという人が多い。だから、経団連も、受け身ではなく、本来、新卒採用はこうあるべきだという意見を出したほうがいいですよね。
本当は、就活は、私はこういう仕事がしたい、ああいう仕事がしたいっていう、興味が個人の中で起きたときに、会社を訪ねるというほうが正解じゃないですか」
最後に経団連会長で締める事への意気込み、この特集で日本を考えたい真っ直ぐさを感じました。
特にダイバーシティに関して、グローバルに関してもちろん、
教育に関してがその通り。子供がいてもいなくても、私たちで次世代に何かできるはず。

色んな注目が集まった(狙い通りかもしれませんが)
「おっさん」特集。
ドラマ「インベスター Z」でも、結局向き合うのは「姿がない、存在するのかも分からないのに皆が気にする」この問題。制作過程においても…ストーリーの中でも…。
金曜深夜にボ〜気軽に見る想定のエンタメなので、ど正面からの熱弁はないですが、最終回の一言で旧世代から新世代への一言をオリジナルで入れてみました。

こっち側でも何でもない経済の専門でも何でもありませんが、
生活と距離が近い気軽なエンタメならではのフィールドで、
何かを変えていきたい。
中西さんの人柄が伝わってくる素敵なインタビューでした。自分の考えを主張していないだけというのはその通りだと思います。もっと自分の意見を率直にぶつけて議論できる風土が必要ですね。
その話とも重なりますが、『各職種の希少性や難度に応じて、給与を決めると』とありましたが、とても共感します。もっと組織におけるマイノリティを引き上げる意識は必要で、マジョリティの意見と違う意見を言ってもいいという風土の話もありますし、実態としてそういう人を評価していく具体的な評価制度も作る必要があります。この部分は自分の会社としてもしっかりやっていきたい。
「成果が出たらそれに見合った報酬やポジションが得られるから頑張るカルチャー」「報酬は職種に合わせて決めていく」いずれもその通りだと思います。
しかし、少なくとも日本の技術者の労働市場は十分そうなっていないと思いますので、一刻も早くその方向に持っていっていただきたいと思います。
この連載について
日大アメフト部の危険タックル問題、財務省次官のセクハラ問題 ……etc.「日本型タテ社会の構造」が引き起こした問題が 続々と表面化している。これら問題の根幹は権力を握る者、意思決定層が “おっさん“により独占されており、おっさんのおっさんによるおっさんのための社会が作られているからではないかーー。NewsPicksは「脱・おっさん社会」を導くため、今、訂正を余儀なくされている日本型タテ社会の問題について考察してゆく。
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
4.02 兆円

業績