【激論】日大アメフト、選手はなぜ監督にNOと言えなかったのか

2018/6/28
日本大学アメリカンフットボール部の危険タックル事件は、発生以来、連日に渡ってニュースやワイドショーで報じられるなど、日本中の関心をさらった。なぜ、ここまで国民の怒りを駆り立てたのか。
世界陸上選手権の2大会で銅メダルを獲得し、アメフトなどのプロスポーツの世界に精通した元プロアスリートの為末大氏、イチロー選手、中田英寿選手などの信頼も厚いノンフィクション作家の小松成美氏に、「体育会」という究極の日本型タテ社会の問題の本質について激論を交わしてもらった。
「僕が選手ならタックルしていた」
為末 日大アメフト部の問題は、ある種日本のタテ社会を象徴する出来事でした。しかし、メディアを中心にバッシング一色に傾く中で僕が思うのは、「皆さん、自分の人生を振り返ってドキっとしませんか?」ということです。
個人ではだめだと思っていても、組織の命令や空気によって、やってしまっていることってないでしょうか? 僕は正直、あの出来事を見て自分の人生は清廉潔白だとは言い切れませんでした。