新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
飲食業界以上に、給食の製造ラインのロボット化ニーズは高いです。そもそもの営業利益率が2%くらいと低い中、原材料高騰と採用難で主要コストは右肩上がり。とはいえ単純作業業務なので、多数の食材対応のロボットが普及すればと思います。
写真を見ると、ラインにまだ人手もかかっている。どこまでをこのロボットが担えるのだろう?毎時4400食、1秒間に1.2食分。ラインで人と混在して使うのであれば、速度的に同期が必要。
1500万円ということで、10年あれば電力コストとか含めて回収できる感じだろうか。
川上の供給者が、装置まで開発するのが面白いです。
ユーザー側まで一歩踏み込んだ研究開発ですね。
このようなタイプのロボットはどんどん出てくるでしょうね。
AIとの組み合わせで、より高品質な生産ができるようになりますね。
ニトロンという名前はNPPN TOPPING ROBOTの略称が由来のようですね。トッピングに止まらず工程のカバー率を上げることができるとさらに省人化が進んでいきそうです。需要はありそうですね。
13年?労働安全衛生法改正により安全柵が不要になったので、の動き。川重が最先端?。これにより安全装置需要も増す。
日本製粉株式会社(にっぽんせいふん)は、製粉業、食品業を営む会社。製粉分野では日清製粉に次いで日本国内シェア2位。欧米式機械を利用した日本初の製粉会社である。「NIPP'N」(ニップン)のロゴや、「オーマイ」ブランドで知られる。 ウィキペディア
時価総額
1,358 億円

業績