新着Pick
88Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
大国に大国なりの外交があるように、小国には小国なりの生存のための外交があります。大国の外交は、米国のように軍事力を背景にしていたり、中国のように巨大な市場という餌や資金力を武器にしたりもします。日本だと外交といえば大国としての外交が意識されることが多いように思いますが、米国や中国のようなのは無理で、適正な規模はフランスや英国のやっているくらいの外交でしょう。
 小国なりの外交というと北朝鮮もそうで、無法者であることをアピールして利益を引き出そうとしたりしまう。あれも一つのよくあるスタイルで中東やアフリカでよく見られますが、第一に国内の支持を固めることを目的としたもので、国民に多大な犠牲を強いることになり、失敗した例が多いです。
 シンガポールの外交(広義のインテリジェンスや経済、文化、学術の交流を含む)は小国の外交のもう一つのスタイルで、そのお手本のようなものです。シャングリラ・ダイアローグのように、毎年米国、中国、日本を含む多数の国の防衛・情報関係の閣僚や幹部が集まる会合というのはEUの会合などを除けば例がなく、実際日本などもそのような定期的な国際会議を開催できてはいません(アフリカ諸国や太平洋の島国との会議は定期的にもっていますが)。シンガポールが、米国からも中国からも信をおかれているということです。シンガポールは金融や学術のハブとして自国の位置を活用しながら、米中を含むアジア太平洋の諸国に人脈を張り巡らしています。インテリジェンスもまたそのために活用しています。イスラエルやブルネイのような国と特別に緊密な関係を築いて安全保障も確保しています。小国の外交のお手本のような国ですが、これほどのことができている国は他になく、小国なりの巧みな外交という点でで似たところがあるのは、イスラエル、台湾、スウェーデンといった国々でしょうか。
米朝首脳会談でシンガポールが世界から注目されましたが、その実現の背景にはシンガポールのインテリジェンスパワーとネットワークが地道に築かれていたことが重要だと私はみています。小さな都市国家が、その物理的な規模以上に、存在感を示せるのは、情報力とインテリジェンス力の存在。

実は、一番伝えたい情報は、シンガポールにはチョソン・エクスチェンジ(Choson Exchange)という民間団体や、クアラルンプールの北朝鮮観光局の地域統括拠点の話しだったりもします。記事の後半に登場します。

日本から北朝鮮をみる目線と東南アジアや世界から見る目線は随分違います。米朝会談の後の報道では、日本目線に終始し(もちろんそれはそれで重要)、世界からどうみえているのか、という視点が少なかったように感じます。

他にもインドネシアでの拉致家族再会など、北朝鮮を外交上の重要課題の一つと位置付ける日本にとっては、東南アジアの動向は、より身近な東アジアにも関係してきます。
米朝会談期間は、両者のホテルと会場付近以外は、空港含めて日常となんら変わらず日常を過ごせました。その会談誘致から、当日の統制まで卒なくこなした秘訣が詳しく分析されている流石のNP川端さんコラム。
シャングリラ会合を主催しているのが英国のシンクタンク、IISS。『ミリタリーバランス』を発行していることでも良く知られているが、スタッフには軍やインテリジェンスの関係者が多く、裏の会合も牛耳っている。外交力には軍事・経済・インテリジェンスのようなハードパワーと文化面のソフトパワーが必要だが、日本は「クールジャパン」と称して後者を重視する。しかしいい加減、前者も真剣に検討すべきなのではないかと思う。
「シンガポールは情報力、言い換えればインテリジェンス・ネットワークを巧みに活用している」。うーん。日本は真似ができない分野。今年1月以降の北朝鮮問題の展開と各国の対応ぶりを考えると、朝鮮半島の戦略構造の変化を読み取って着実に手を打ってきたのは中国、米国、韓国、ロシアだった。そして、シンガポールは情報国家としての特性を発揮し、国際会議誘致の経験を活かして役割を果たした。
昔からそうやん
米朝や中台会談など歴史に残る政治イベントを次々にこなすシンガポール。その背景にはシャングリラ対話などを通じて、インテリジェンスのネットワークを世界に張り巡らせている事があり、逆に日本はこの分野で全く存在感がないという元外務省の川端さんの指摘はズンと来る
シンガポールの非政府組織、チョソン・エクスチェンジの存在を初めて知った。シンガポールの国際情勢におけるバランサーとしての存在感は、インテリジェンス・ネットワークを表と裏で巧みに張り巡らせているからこそということですね。興味深い。
【国際】この記事では主に国際政治上のインテリジェンスの話が中心だけど、シンガポールはビジネス上も重要なインテリジェンスのハブ。
この連載について
アジアの現場からのホットな現地情報をリポート。新しいビジネスや経済のトレンドから、地政学リスクや選挙などの政治・社会情勢、ポップカルチャーに至るまで幅広い話題を取り上げる。
パーソルキャリア株式会社(英文名称:Persol Career Co., Ltd.)は、転職支援、人材派遣、求人情報、アウトソーシングなどを手掛ける、総合人材サービス会社である。2013年3月にテンプホールディングス(現:パーソルホールディングス)株式会社の子会社となっている。2017年6月までの旧社名は株式会社インテリジェンス。 ウィキペディア

業績