新着Pick
122Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
6月のASEANマクロ経済リポートはタイの景気を取り上げました。約4000社の日系企業が進出し、7万人以上の日本人が住むタイは、外国経済情勢で常に見ておくべき国の一つです。

少し前まで今ひとつだったタイ経済でしたが、1-3月期GDPは+4.8%(前年同期比)と上向いてきました。その背景を分析し、今後の重要課題である金融政策について指摘しました。米国の利上げ基調のなか、新興アジアのなかでタイは低金利かつ、しばらく利上げを行っていません。国際金融市場の変動性が高まり、また国内では総選挙を控えるなか(再延長説浮上)、政策当局には巧みな対応が求められつつあります。

記事冒頭にも案内を掲載しましたが、7/3にバンコクにてSPEEDA ASIAがコーポレートディレクション(CDI)と共催で、ASEANビジネスセミナーを開催します。タイに駐在している方、出張でお越しの方など、ご来場をお待ちしております。

https://speeda0703.peatix.com/