新着Pick
540Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
LINEさんの名刺管理アプリ『myBridge』を紹介する記事で、名刺にまつわるお話をしました。
「名刺は、わたしの力になる」がコンセプトとのことですが、大組織だと組織の看板で仕事ができる一方、独立するとより個人として人と向き合う必要があるため、人との出会いをなおさら大切にしなければいけないと思っています。
名刺管理アプリは既存のものを使っていましたが、インタビューを機に試してみたところ、シンプルな操作感でなかなか使い勝手が良いですね。

物理的な名刺がこの先いつまで残るものなのかはわかりませんし、古くさい習慣に感じることもありますが、会話のきっかけとして、また会った人を一時的に記憶するツールとしてはやはり便利です。
シリコンバレーだとあまり名刺交換することもないので、会った人の名前を覚えてあとでLinkedinで申請しなければならず、これはこれで大変。
ということで、名刺管理は『myBridge』(ついでに名刺印刷はラクスル)をお試しくださいー。

それはそれとして、この名刺を差し出すポーズや名刺入れをジャケットから出す不思議なポーズ、カメラマンさんに指示されてやったわけですが、めちゃめちゃ恥ずかしかった……。
なお、名刺入れは日本唯一の馬具メーカー、ソメスサドルのものです。

産業医プロピッカーの大室さんと、この記事の裏番組的な話をVoicyでしたので、よかったらこちらもどうぞ。

【大室】ここが変だよ日本人の名刺
https://voicy.jp/channel/621/23572
独立して、Independentになればばろうとするほど、自ら仕事をとってくるので他にDependentになるのは必然。そして、名刺交換をした(相手の連絡先をゲット)時点で、「言うだけならタダ」精神で何も失わないからどんどん話にいこう、と。さすがジョッキー・朝倉さん!
個人的には、相手と目があって即名刺交換、は意図的にせず、最後に名刺交換をするよう心がけています。そうすることで、相手を自分を肩書きや役職で判断しないor偏見トークできないようにする(笑)。特に日本人との場合は。
名刺確かに、活用している。配りすぎてすぐ無くなる。こっちから自分の事を知って貰おうとしないと、相手が進んで知ろうとなんてしてくれないし。

すごい余談ですが、日本と海外でビジネスしている人に会うと、「日本の人は仕事の人とfacebookで繋がりたがるよね。LinkedInやらないもんね。」って言われる。
そこを、名刺アプリがカバーするようになってきているのかな。LinkedInは日本では流行らないままなのか...?(私は過去の遍歴を知るのが面白いと思うから、LinkedInも割と好き)
相変わらずバランス感覚抜群な朝倉さん記事。
インディペンデントな名刺は、誰だっけ?と一時は軽視されるかもしれませんが、どんどん部署が変わる大手名刺より長期的に価値があるかも。

朝倉さんのコメント。名刺交換文化があまりないシリコンバレー話。なるほどです。名刺管理面倒と思うより、ありがたい存在と思えるようになりました。
すごく共感する記事。独立開業してから名刺のデザインも仕様(実は活版印刷なんです。うちの。)にコストかけてます。名刺も話題の一つになるし、日々エレベーターピッチの連続ですからネタしこまないと
確かに私もいろいろ突撃する派、ですが、本や映画で見るほどうまくはいかないんですよね。。。。でも引き続き突撃していますが。

いや、仕事の話ですよ。