新着Pick
336Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アリババやテンセントはもはや生活インフラ系コングロマリットなので、彼らを捉えようとすると小売や決済・金融等に留まらない、様々な切り口が出てきますね。

WAUの話で言えば、toCではメッセージ領域を取ることができなかったアリババは、数年前からtoBのメッセージ領域に参入し、そこからオフィスの文具購買・出張手配等、経費の支払い関連全般をサポートするサービスを開始しています。このサービスで従業員の勤怠管理までできますので、大幅な事務処理業務削減になります。何より、必ずしもオフィスに皆いるとは限らない、これからの働き方にあっている。釘釘(dingding)というサービスで、非常に便利です。そして当然のように、テンセント傘下のJDも、この領域に参入しています。

彼らが考えていることは、徹頭徹尾、オンラインによるオフライン業態の再定義。ソフトバンクの孫さんが言う「情報革命」を最も体現しているのは、この2社と、それをひっくり返そうとしているスタートアップ達かもしれませんね。その視点から見れば、日本でもまだまだやれることはたくさんありそうです。
家田さん、起動数値はwechatそのものと混同してる気がしますね。1日にそんなに支払いなどをすることはないですし。
コミュニケーションアプリとウォレットアプリで違うのは当たり前ですね。

マーケットシェアの数字ですが、2017Q4(2017年10-12月)になりますが、アリペイがシェアトップです。
http://m.sohu.com/a/227027264_115479
(いろんな数字が出てますがおよその数字として見ておいてもらえれば)
面白い。
中国の進み方は、とても参考になる。
そして日本が同じやり方で追いつくことはもうないんだろうな、とも思う。
AlipayとWeChat Payの違いが興味深い。少額決済を狙うか、銀行口座的な位置づけを狙うかの違いだろう。
まあこの2社が切削琢磨されたら一体アジアのどの他の会社がついていけるのか?アジアではこの2社がやらないことをやるしかない。ただ2社ともAIは圧倒的に強いので、やれない業種はないような気がする。ほんと大変な時代だ。
両社が使い分けされていることは興味深いですね。そして、両社の祖業、主力がサービスの設計思想と密接に関わっているところまでご考察されている点はとても勉強になります。

「金田 アリババの収益源は、小売と決済、金融です。これらはどれも“超レギュレーション”の世界。つまり、世の中のルールを変えないと勝てないんです。逆に言うと、変えたら大きく勝てる世界だと思います。
一方でテンセントは、ゲーム事業を収益の柱として成長した企業なので、どこかヒッピーな気風があるんです。この社風の違いは、そのまま世界戦略の違いとしても顕著に出ると思いますね。」
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
47.0 兆円

業績

業績