新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5月は貿易赤字になりやすい季節パターンがあること、ここ数カ月輸入の振幅が大きくなっていることから、貿易赤字を過度に懸念する必要はないと思います。

輸出は、全体はOKですが、一部に弱さが残っています。輸出数量をみると、米国向けは緩やかに回復していますが、NIEs・中国向けのもたつきが続いています。電子部品・デバイス市場の調整が終わっていないことが示唆されます。
今回は季節調整値でも貿易赤字ですから、本格的な貿易赤字といっていいでしょう。ただ、内訳を見ると、米国からの航空機類の輸入が激増していますから、赤字の持続性は低いと思います。むしろ、この時期に一時的ではあるにせよ対米貿易赤字になりましたので、中間選挙に向けて米朝関係から通商政策に軸足を移すトランプ政権を刺激しなかったという意味では良かったかもしれません。
エネルギーの輸入を減らさないといけない。
再生可能エネルギーに真剣に取り組まないといけない。
これは、今回赤字だからというような事ではなく
基本的な事である。
貿易収支の推移を見ると東日本大震災で原発を止めてから巨額の赤字を計上するようになった事が判る

http://frequ2156.blog.fc2.com/blog-entry-169.html
5月の貿易収支は5783億円の赤字。赤字は3ヶ月ぶりです。