新着Pick
124Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
女性社員の急増を受け、社としても本気で女性の管理職を増やそうとしているエイベックス。

ボトムアップで声が上がってきたことや、実際のプロジェクトを他薦で選ぶあたり、すごくいいなと思いました。そのためか、周りの社員がとても協力的だとのこと。

また、上層部の受け入れ方もいいですね。組織全体が、柔軟に変化していくことを歓迎している感じが、エイベックスの成長の可能性を広げているように見えました。

私がいたテレビの業界もそうですが、長時間であり不規則な労働環境から、どうしても結婚、出産した女性がクリエイティブの現場からいなくなってしまうという状況があります。

ただ、菊田さんが指摘されているように、相対しているユーザーの半分は少なくとも女性なんです。女性が意思決定に携われないということは、本当は取り込めているはずのユーザーを潜在的に逃している。

それが、女性に不人気の企業ならまだしも、優秀な女性を多く抱えているのに、、というのは、本当に勿体無いことです。

菊田さん方のチャレンジに注目していきたいですね。
本連載、突如としてニュートラルな文調に変わりましたね。内容より先にそちらが気になってしまいました。

「女性社員が全体の40%もいるのに、女性管理職比率が10%なんです。」

確かにアンバランスですね。そして↓本質ですね。

「また女性たちが内心、不満に思っているのが男性社員の昇進しやすさだ。」

評価の文化を根本的に変えない限り、これは覆せない気がします。成果をフェアに評価する。これは、女性、だけの問題ではありません。

こうやって考えていくと、特別な活動が必要なのではなく、今ある制度の本質を追求し、運用を是正することこそが真に重要なことに感じます。
男女という括りでなくても起こりがちなことですね。
メンバーが何にこだわっているのか。それは何でなのか。
そのこだわっているポイントを観ていないと、いくら別の視点で認めたり褒めたりしても効果はないですよね。

以下引用
“上司とのコミュニケーションを重視する男性社員に比べ、女性社員は仕事そのものの質を上げたり、細部まで完璧にやり遂げたりすることに心を砕く傾向がある”
この連載について
自分の力で「新しい価値」を作り出し、自由に発信し、キャリアも自身でクリエイトする女性たちが増加の兆しだ。そんな新時代の女性を代表する女性の働き方、生き方に迫る。