新着Pick
344Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
紳士服チェーンの不調が続き、1着5万円のスーツでも売るのに苦戦する時代。一方で、最近では低価格で質のいいものも売り出されています。
そんな中、「25万払ってでも買いたくなるスーツ」を作る勝さんに、「付加価値」の生み方を聞いてきました。

個人的には海外ドラマのSUITSが好きで、時にはスーツでぴしっと決めるのもいいなあと思いつつ。
よく売る販売員の共通点は自分でABテストができる人です。失敗を重ねながら、こういうパターンの人には何をするか。みたいなことを毎日繰り返していると自然にできるようになります。当社でも買取をする鑑定士は場数を多く踏むのは大前提ですが、それよりも良く買取できる鑑定士は人を良く見ることのできる鑑定士です。
ジョブ理論ですね。何を解決したくて当店のスーツを買うのか?
高額品になればなるほどその製品やサービスを採用する理由というのは単純ではなくなって行くのでそのジョブを探せる人ができる人なんだと記事読んでて感じました。
興味深く読みました。お客さんと向き合い対話から生まれる信頼感、と評論するのは簡単ですが、「またこの人のお店に行きたい」と感じてもらえることは簡単ではないですよね。高級なスーツを高い満足感を購入して頂く秘訣を感じられました。質はもちろんのこと、スーツを作る過程から生まれるプラスαの重要性。他のビジネスでも通じるところがありそうです。

以前、マレーシアでスーツを作ってもらったことがあります。人件費や土地代がやすい(安かった時代)なので、25万円まではいきませんが、現地の物価を考えるとそこそこの値段でした。

私が訪れたのは、現地の友人からすすめられた、2代目の方がやっている仕立ての店。記事に登場する勝さんほどではありませんでしたが、仕事のことや家族のことなどを聞かれ、仕立屋さんも父親の時代は店が何処にあったという話しをしながら、生地やデザインを選びました。そうした会話から、お互いが何者なのかから始まり、信頼関係が生まれます。その後もその店を使い、スーツ2着、シャツを数枚作ってもらいました。
ゴールドマンサックスの行動規範にWELL GROOMEDがあり
その中身についてどう教えられたらかGSに勤務する友人に聞いたことがあります。
上質なスーツを着るだけでなく名刺交換をする際に目に入る時計と靴についても指導されたと。
ただし、いいスーツを着ることで出会う人が変わる、ではなく、
高給取りの仕事しているから高級なスーツを、でもなく
『顧客に相応しい装いをする』がコードでした。
ザッカーバーグ氏が米議会上院の公聴会にスーツで現れたのを見たとき、スーツは残り続けるんだな… と思ったことを思い出しました。

マーク・ザッカーバーグのスーツ姿の裏
https://gqjapan.jp/fashion/news/20180412/mark-zuckerberg-suit

ただ、あいにく、私自身は、そこまでいろいろヒアリングされることは好みません。が、こうやって、好みが分かれることこそ、尖っている証拠、と感じます。

常連客の方々のお話をお伺いしてみたい、です。
スーツに限定せず、仕事の目的に応じたさまざまな服を提案してくれたら良いですね。

もしかしたらスタートアップのCEOは、スーツだとエンジニア採用にマイナスがあるから実は普段はポロシャツの方がいいかも、とかあるでしょうし。

私はインドネシアではバティックというアロハのような民族衣装をなるべく着て現地に馴染むようにしていますが、商談相手が中華系の偉い人だったりするとスーツで行ったりして、状況に合わせて変えています。
論旨に全般的に共感します。スーツは大事です。
(私は別の店でスーツを作っているのでご縁はしばらくなさそうですけれど)
ベトナムに住んでからスーツは通気性と着心地重視です。ネクタイをする機会はあまりなくなりましたし、チノパン、ジャケットだけのことも増えました。
暑い国向きのスーツとかもできるなら一度買ってみたいですね。
ビジョンや理念をもとに顧客と向き合っている人は、表面的な競合環境に心が揺れることはない。
営業職は、表面的なコミュニケーション能力ではなくて、この芯を持って相手を深く理解する姿勢が大切だと思います。
歴史は必ず繰り返す、、、生き物としての性質が変わらない限りおっしゃる通りだろうなぁ。
この連載について
自分の力で「新しい価値」を作り出し、自由に発信し、キャリアも自身でクリエイトする女性たちが増加の兆しだ。そんな新時代の女性を代表する女性の働き方、生き方に迫る。