【ゆうこす】仕事はもらうものではない。ファンを増やして作るもの

2018/6/19
ツイッター、インスタグラム、YouTubeなどの総フォロワー数は100万人を超え、「モテクリエイター」として10〜20代女性の絶大な支持を集める、ゆうこすこと菅本裕子氏。インフルエンサー・起業家としても多くのビジネスパーソンに注目されている。
HKT48のメンバーとして活動したこともあったが、2012年に脱退。その後、数年はネット上でたたかれたり、料理アイドルを目指すもうまくいかなかったりと、苦労を重ねる。
アイドルだった彼女が「年商1億稼ぐ起業家」になるまでの道のりには、何があったのか。
知恵袋の情報だけでバッシング
──フォロワー100万人超えに至るまでの経緯は受難の道だったそうですね。特に、HKT48を辞めた直後は引きこもり同然だった、と。
たたかれたときは大変でした。家で寝転がってテレビを見ていたら、当時未成年だった私が喫煙や飲酒をした上、ファンの家に泊まってHKT48を辞めた、というニュースが流れて……。家族みんなで驚いて、テレビ局に電話をかけて情報源を聞いたら、「Yahoo!知恵袋です」なんて言われて。
菅本裕子/モテクリエイター・YouTuber。タレント、モデルとしても活躍し、20代女性を中心にInstagramで紹介した商品が完売するなど、カリスマ的人気を誇る。また、YouTubeチャンネル「ゆうこすモテちゃんねる」は同世代の女子を中心に絶大な影響力を持つ。Instagram、Twitter、LINE、YoutubeなどのSNSのフォロワー65万人。個人事務所KOSを設立し、SNSを駆使した自分プロモーションで、ファンを広げ続けている。
──それはありえないですね。
その番組は翌日の放送の冒頭で、訂正と謝罪をしてくれました。でも、そんなことにもはや、あまり意味はなくて。