新着Pick
870Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般論として、「負ののれんを計上する = PBR 1.0x未満での買収だから安く買えた」とは、必ずしも言えません。

というのはPBRはバリュエーションの一つの手法であり、
1) 業界によってPBRでない他により有用なバリュエーション方法が存在する場合があります(PER、EV/EBITDA、NAVディスカウント、DCFなど)
2) 本来的には、買収価額と本源的価値(Intrinsic Value)を比較して、高いか安いかが判断されるべきです。もちろん、本源的価値とは何ぞやで何時間でも議論できてしまうものではありますけれども。

—-
なお、買収を今後も積極的に実施し、買収に伴う負ののれん償却(税引前利益の構成要素)を含めた利益成長が期待されるRIZAPの場合、「株価 = 時価総額の高値維持/向上」は極めて重要な経営イシューです。事業の成長戦略にM&Aが組み込まれている以上、キャッシュで買収する(その調達源泉は公募増資かもしれない)にしても株式交換にて買収するにしても、RIZAPの場合には株価と事業の成長のリカケージは相対的に強い。

一方、(株価を常に意識した経営は全ての上場企業で必要とされるものの)他の多くの会社では、株価と事業の成長が直接的に結びつかない場合があります。公募増資や株式交換による買収の実施が経営戦略上、ほとんど想定されないからです
買収候補を見る軸として、「自分に自信を持ちたい」事業と定義すればライザップと高級鞄は同じセグメントの事業である、とか「赤字企業も変われる」ので赤字企業を買うんだとか、ストーリーをうまく作り出して語る力が強いですね。
現時点ではそとから見ると、赤字企業の再生工場事業(売却を前提としないので再生ファンドではない)という感じ。朝倉さんがソクトバンクのことを「通信会社の毛皮を被った投資会社」と評してましたが同じ臭いがあります
瀬戸さんが嫉妬されなければ成長できる。
"よく『ライザップグループは「負ののれん」で利益を計上している』と言われます。でも、もしそれが主目的だったら、どの会社もするのではないですか。"
札幌アンビシャスに維持し続けることと、赤字企業の連続買収による逆のれんの2つで胡散臭いと言う人も多かったと思いますが、カルビー松本さんの加入でよく知らない人も一挙にブランドイメージが逆転したのではないでしょうか。
ファイナンス面はともかく、超高額ボディメイクで10万人の実績は半端じゃないです。
いくつかRIZAPの財務諸表に合わせて、のれんや買収に関連して。

①会計基準はIFRS

②IFRSは正ののれんを償却しない。買収価格はその価値があるから発生していて、純資産より金額が大きければ資産に正ののれんを計上。一方で負ののれん(純資産より安く買った場合)は、買収期に一括して計上。ちなみに日本基準だと、正負関係なくのれんは年数をかけて償却(追記:間違えてました、Akiさんありがとうございます!)、正ののれんは利益を押し下げ、負ののれんは利益を押し上げる効果があるが、CFには関係ない

③日本電産永守さんも言っているが、買収の成否はPMIも重要だが、「価格」。その意味で安く買っていて、そのあと経営変革を通じて価値を出せる場合においては、安い価格での買収はとてもポジティブ。
https://newspicks.com/news/2720058

④RIZAPの買収などについては、昨年10月のNP編集部の記事も是非合わせてご参照いただきたい。
https://newspicks.com/news/2523614

〈追記〉上記の日本基準の負ののれん償却、2010年から変わってました。大変申し訳ないです!
http://www.hlbmeisei.jp/topics/100315.html
〈追記終〉
内製化が原動力、なんですね。確かに、単に買収してリーダーシップポジションを取ることだけではなく、買収企業の価値をさらに高めるために、本社が持つノウハウを、買収した企業に移植することはM&Aを成功させるための重要な成功要因になります。それは時には管理手法だったり、システムプログラムだったりしますが、これがまさに親会社のコアケイパビリティ―ですよね。

このケイパビリティがあるからこそ、それを傘下企業に移植することを通じて、単独での経営より価値を上げられるわけです。だから、傘下企業から見れば、優れたケイパビリティが移殖されない限り、買収された意味がないとも言えます。

そうすると、多くのM&Aで成果が出ない理由に、自社の本当のコアケイパビリティが明確に定義されておらず、親会社が付加できる価値が不明確なまま買収しているから、と言うこともできるのではないかと思います。
赤字企業を買収し、「負ののれん」で利益を増やす、改革して黒字にする、という視点はスタートアップ周りを見てきた自分にはあまりなかった発想なので勉強になった。ライザップの経営、参考になる部分が非常に多い。
バークシャー・ハサウェイやソフトバンクと似たビジネスモデルですね。

アービトラージのテコにしているのは、ズバリ日本の経営経験者の雇用。
海外だといろんな会社に引っ張られて獲得が難しいはずの人材を、日本では雇用の流動性がないので、定年を迎えると意外といいポジションがない。
流動性のあるのは若い企業でネットベンチャーだったりするので相性が悪い。
ライザップはその層の経営者が活躍できる事業を中心に買っているのでまさにぴったり。

この記事を読んでやっと理解しました。
特集の内容とは関係ないですが、この仕組み、面白いですね!
無駄をなくすダイエットが必要なのは人も企業も同じ。
変われるんだという事の証明がライザップの企業目的。
松本さんを招へいする理由とぴったり一致しますね。
おもろー!
「人は必ず変われる、だから人が創る企業だって変われる蘇る」という算段で、多種多様な企業の経営を手がけるライザップ。尊敬。

ソフトバンクが「情報革命で人々を幸せに」することを、郡戦略という形で体現しようとしているように、ライザップも「人は必ず変われるを証明することで人々を幸せに」することにグループ経営全体で挑むようにも見える。

でもだとすると、孫さんが唱えるように、凝り固まりがちな子会社化という形より、30%所有にして、グループ会社のメンバーの新陳代謝あげるようが、グループとしての進化がみえる、って話があり得そう。でもそんなドライなものではなくて、もっと経営の結果にもコミット!ということで、経営にズブズブ入る子会社化の道を進むのがライザップらしい、ということなのかもしれない。
いずれにせよ、おもろー!
この連載について
会計の知識は、どの時代においてもビジネスを知るために必須スキル。その一方で、IT化がさまざまな産業に影響を与えている今、新たな会計のあり方とは何か。また、企業の財務トップであるCFO(最高財務責任者)は、どういう存在であるべきか。特集を通じて、会計の考え方をアップデートする。
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,474 億円

業績

株式会社イデアインターナショナルは、東京都港区に本社をおく、インテリア雑貨等の企画、卸・小売りを行う企業である。2013年に健康コーポレーションの傘下となった。 ウィキペディア
時価総額
109 億円

業績

株式会社ジーンズメイトは、ジーンズを中心に販売する衣料品チェーン店を展開する企業。 ウィキペディア
時価総額
77.3 億円

業績