新着Pick
954Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
4年前にオックスフォード大学Michael Osbornep博士がまとめた「未来の雇用(Future of work)」という論文が流行りました。
これは、会計の専門家の仕事は将来無くなる、と断じたもの。
https://www.cfoinnovation.com/story/8229/future-work-death-accountant-and-auditor

野心家で向上心のある会計パースンが、当論文の主張を正としてプロフェッショナルのキャリアをデザインすると、私なら下記のようにします。
▪️”Most likely to be replaced with (コンピューターに取って代わられる可能性が最も高い)”群にいる「Accountants and Auditors(会計パースン・監査人)」は、
▪️”Not likely to be replaced(コンピューターに取って代わられるリスクの低い)”群にいる「Financial Analysts(財務分析の専門家)」辺りをはしごにして、
▪️”Least likely to be replaced(コンピューターに取って代わられるリスクが最も低い)”群にいる「Chief Executives(CFOとか)」を狙う。

—-
一方、これは個人的な読みですが、決算書の作成の上流工程部分は多分にアートの世界なので、そのアーティスティックな仕事を作り・評価する経理プロフェッショナル・会計監査人も機械にとって代わられることはないと思います。絵画や映画を作るのは人間ですし、その批評をコンピューターが行ったところで誰も参考にしないしありがたがらないのと同じ理屈です。
なお、もちろん、企業や監査法人で単に作業しているだけの方はキャリアリスクにつきお気を付けください
日本人が経営層でも現場レベルでも、総じて目先の業績(特にPL)に過度に意識を向けがちというのはその通りだと思います。「売上や営業利益といった目先のPL指標を改善することこそが経営の使命である」とするようなマインドセットのことを、私は「PL脳」と呼んでいます。
売上の向上や利益の創出は大事なことではありますが、目先のPL指標の上げ下げに頭を奪われた「PL脳」では大きく成長する会社を生み出すことはできません。生半可な会計知識を元にPLを絶対視していると、会社の価値を毀損しかねません。

だからと言って、「会計知識は不要」とする考えもまた、少々乱暴だと思います。事細かな知識は必要ありませんが、ビジネスパーソンである以上、最低限の「基礎のキ」くらいの知識は持って然るべきでしょう。
会計知識がないということは、自分たちの現在地も知らずに旅するようなものです。地図もなく見知らぬ土地をさまようなんて、嫌すぎるでしょう。

ではどうすべきなのかといえば、会社の企業価値を最大化するために、長期的な目線に立って事業や財務に関する戦略を組み立てる「考え方」を習得すべきだと、私は思います。会計ではなく、ファイナンスを扱う土台となる考え方です。こうした考え方のことを、私は「ファイナンス思考」と呼んでいます。「知識」ではなく「思考」ですね。
ファイナンス的な考え方は会社の成長を構想するツールであるだけでなく、そもそも経済活動のルールそのものです。

ということで、来月、そのままド直球のタイトル『ファイナンス思考』という本を出します(間に合うかどうかは編集者次第……)
Amazonには既に載っているので、ご興味お持ちの方はチェックしてみてください!という、ステマでした笑
Freee使ってて、佐々木さんも大好きなのですが、結構真逆な意見です。というか稲盛さんのアメーバ経営の真下で働き、リクルートの数字マネジメントを受けてきたので当然そうなってしまうのですが。笑

1. 「PL見ると短期思考になり、赤字を許容できない」
これは完全な前提と結果の誤解であり、むしろきちんと読めるからこういう意思決定をするものである。というか組織とは常にそういう側面があり、黒字は是だけど、思い切り踏み込んでトップラインを伸ばすこともまたPLやBSの正しい読み方であるし、戦略です。(売上は市場からの評価、利益は知恵の結晶)

2. 仕事と会計知識(あわせて財務)は常にセット
組織は人と、物と、金の3つが相互に連関しながら動き、会計・財務とはそれをお金に変えてくれるツールであるゆえ、金が抜けると致命的におかしなことになる。財務戦略を検討できないと、組織のマネジメントはできないし、トンチンカンな戦略や戦術になる。つまり、永遠にメンバー(ないしは知恵の不要な仕事)で良いならいいけど、昇格する意思があるならば会計知識をつけなくてはならない。

3. 組織の意思決定を理解するために必須
学問的な意味における会計知識は確かになくて良いことはあるが、それを読み解いてどこに何を張るか、なぜ張っているのかを理解するためには、会計・財務の基礎能力は必須。さもなければ、経営戦略を理解することができない。(※リンク&モチベーションによると、メンバーモチベーションは経営理念や戦略の正しい理解による、日々の仕事との接続性こそがもっともやりがいに繋がるとある)


おわりに、会計庶務はもしかしたら機械化できるし、確かに仕事としては減る可能性があると感じる。ただし、会計は財務戦略を考える上で必須であり、知識が不要になることはまず無い。というのが私の意見です。
その通りだと思うこととそうでないことがありました。

会計知識だけ持って作業だけしていてもダメなのは全くその通りだと思います。
何回かコメントしていますが、会計において知識のプロなのは前提であって、そこだけに専門特化してしまうと、それこそ知っていれば誰でもできる世界になってしまいます。

会社の全員に会計知識がなくてもいいというのは確かに正しいと思いますが、各自の「専門分野 × 会計」が掛け合わさるとめっちゃ強いというのも真実だと思います。会計の勉強は確かに必須ではないですが、もしやればすごく強くなれるという側面を覆ってしまうのはちょっと違うと思いました。

また中段あたりで、PLだけ見ていてもLTVを理解できない→よってもって社員全員にPLBS思考は不要、と主張されているように見えるのは結構違和感があります。
LTVは事業戦略・財務戦略上重要な概念であり経営者やCFOは当然知っていることなので、PLに出てこないからといって「会計」という分野から切り離すのは違う気がします。繰り返しですが、LTVを全員が知っている必要はないですが、知らないよりは知っていた方がいいと思います。

様々な分野からCFOになるといいというのは全くその通りだと思います。これこそ上で述べた「専門分野 × 会計」ですね。
二点、会計知識の必要性の話と、投資の話。

会計知識について、英語と同様で、ないよりある方が基本的に良いと思っている。それは自社のことも他社のことも分かることで、考える要素が増えるから。
一方で、会計を知っていても事業だったり人だったりを知らなければ、ビジネスにならない。
そういう意味で、会計を理解して、それを事業や行動にプラスに効く形で落とし込めるということが重要だし、それは戦略性や管理会計ともつながる部分。そこの分業をうまくやってそれぞれの得意技をいかせれば、「財布を握る人」と「財布を使う人」のうまい組み合わせになるのだとも思う。

そして投資というかCFOは「お金を使うのが仕事」という点について。これも、「財布を握る」話で、ただ「握る」のができる限り節約するのとは違うという意味。
事業の性質を理解して、戦略をCEOと作り、投資が拡大再生産になるポイントを見極め、それを企業の経営資源分配に落とし込むこと。
それはBSを見ること、作っていくことだとも思う。事業は人やお金という資源を使って営んでいく。PLは売上に対してどれだけの利益を生んだかは見れても、調達したお金に対してどれだけ効率的にお金を生んでいるかは見れない(※)。どこに投資をしていくと、効率的に拡大再生産をできるか、そこのリスクがどれくらいでそのために資金調達をどうするかという資源調達・分配。

※例えば、A社は企画・製造・販売をしていて、B社は企画・販売をして製造は外注しているとする。そうすると、A社は工場などが必要だし、B社は外注費が必要。
例えばA社のPLを、売上100、原価60、販管費30、営業利益10とする。B社のPLを売上100、原価65、販管費30、営業利益5とする。外注している分だけB社は原価が高くなり、PLで効率的に儲かっているのはA社。
だけど、工場が資産として300必要だとすると、A社の総資産は400だとして、工場がないB社の総資産は100となる。そうなったときに、BSに対しての利益の効率性はA社は1/80、B社は1/20となって、B社のほうが高い。
でも工場の資産が50で済むならA社1/15、B社1/20で、資産に対しての効率もA社のほうが高くなる。
会計の語源は「計は会なり(史記)」と言われています。これは、
計:各方面の事実を正しく把握する
会:増す

の意味で、もっと噛み砕いて言うと、『常に事業の状況を計数化して把握していれば業績は向上する』という意味になります。これこそ「会計」という言葉のもともとの語源なんですよね。

そう見ると、事実を正しくとらえるために必須のスキルが「計数化」であり、この計数化を行う知識はやっぱり必要ではないかと思います。
もちろんゼロでええけど、知識持ってても強いよ
取締役・監査役など経営者層は相当程度の会計知識がないと経営判断を誤り、また株主に誤ったメッセージを出すことになりなけず、株主に対する善管注意義務違反を冒す可能性が高くなる。

一方で、確かに、平社員は、日々経営を語る必要はないので、会計知識や会社の財務諸表を正確に知る必要はないのだけれど、会社の実情をなるべく正確に共有するのは経営者の仕事。
色々と面白いインサイトや気づきを与えてくれる良きインタビュー。個人的に面白かったのは↓のあたり

- 経理部門は、より会社全体をよくするための「インサイト作り」や「インサイト出し」が主要な業務になる
- 経理が他部門へ溶け出していく可能性。将来的な経営の形として、経理部と、営業部やマーケティング部が合併するなど
- ニュージーランドでは会計事務所で働く人が増えている。なぜならコンサルティングまで領域を伸ばすようになったから
- 会計が「経営へのインサイト」を最終的な目的とすると、経営戦略という「ルールのない世界」に入っていく

CFOが徐々にビジネス側によって行ってCOOや副社長になっていって、というようなメルカリの小泉さんのような例はベンチャー界隈でかなり増えてきているように思いますが、freeeの東後さんのCOOからCFOへという流れはめちゃ新しいですね
おっしゃっていることはわかるのですが、あえてエッジ立てた発言の仕方になってるんだろうな、という感じです。

まあ、英語の必要性、みたいな感じでしょうか。

全員が会計知識を持つ必要はないし、実際今も全員が持っているわけではない。さらには簿記の細かい知識や記帳作業は自動化されていく流れにあるし、ここにかかっている人手を会計周りでも別のレベルのことに時間を使えるようにするのは良いと思います。

でも会計知識を持っているとできることの範囲が広がる、という感じでしょうか。