新着Pick
2189Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクGの後藤CFOへのインタビューをベースにした記事。

インタビューを一読して思ったのは、後藤CFOはこのインタビューに際してかなり「Debtサイド(銀行、社債の機関投資家、社債の個人投資家)」を意識/配慮してのご発言をされているということ。すなわち、ソフトバンクGの財務健全性・安定性・安心感を醸成するようなお話です。

このご発言の背景にあるのは、
①ソフトバンクGの今の財務ポジションと今後の財務戦略については投資家(ここにはエクイティ投資家を含む)の重要関心事項であり、Debt資本市場と適切で健全なコミュニケーションと信頼関係の存在が、株主・債権者にとっても大切。Debt資本市場への配慮は、結局、株式価値最大化につながる

②ソフトバンクGの創業者CEOである孫氏の株式持分比率は2割程度しかない。これはこれ以上の持分低下が許容されない水準。したがって、新規大型買収時において、エクイティ(新株式発行)での資金調達は行えない。すると、資金調達の手段はDebt(銀行借入れや社債)かAsset Sale(資産売却、子会社上場の売出し、アセットバックの証券化など)しかCFOには選択肢がなく、 CFOにとり、カウンターパートとなるDebt資本市場参加者の金融機関や投資家が最大のクライアントで、重要

③日本語記事であり、日本語術者である日本の銀行関係者は全員読んでいるため、リップサービス笑
この辺りかと思います。

—-
なお、一方の孫CEOは、公の場では、常にエクイティの投資家を見て、株式価値・企業価値最大化を志向したご発言をされています(ちなみに、非公式の場では、孫CEOも銀行への感謝を述べられているそうです。これは伝聞系情報)。

—-
メディアやネットを通じた投資家コミュニケーションに際して、ソフトバンクGのCEO/CFOのご発言の住み分け/重心の置き方は、とてもバランスがとれていると思います
ものすごく丁寧に素人向けに解説してくれているのが印象的です。
"金利1%を下げてお金を借りるために、銀行と1カ月攻防する暇があれば、「1%金利を上乗せするので、あした1兆円貸してください」という方が、経営的には機会損失が少ないわけです。"
ホントにおっしゃる通りだと思います。でもこの考え方で経営している会社は少ないと思いますし、ましてや財務の人とこう言う話が通じる事はまずありません。不思議ですね。
サントリーの時の鳥居副社長のときも思いましたが、こういうなかなか公に出てこない実務方のキーマンインタビューはとてもためになりますね。

機会損失を避けるために投資予算を決めていないこと、投資のIRRが45%で保有株の含み益が18兆円(時価20兆円)にものぼること、3兆円のEBITDAに対して17兆円の有利子負債など、どれもが規格外だが、総じて筋は通っている。

20年も前から群戦略をうたい、長い目で見て投資会社になることを考えてきた孫さんの先見=フォアサイトや実際の目利き力もすごいが、実際にそれを遂行できたのも、キャッシュ面で支えてきた財務の間断ない打ち手の賜物。

財務面だけでなく、これだけの数のグループ企業の連結を束ねる会計チームや、おそらく日々数件はやってきているであろう投資案件をタイムリーにDDでさばく案件チームなどの下支えもあって巨額の投資が成り立っているんでしょうね。
「会計2.0」なのかはわかりませんが、ソフトバンクの財務戦略を伺える良記事。
資産に対する借金の率(LTV)が35%とのこと。リーマンで半分になっても、と語っているが、投資先はかなり膨らんだバリュエーション一番悪いシナリオは実際は半分では効かないでしょうね。金融機関的にはそのリスクはもちろんとってる、ということと思いますが。
通信会社ソフトバンク上場について、5000億のフリーキャッシュフローはなくなるが、もともと全部使えるわけではないし、配当で取り戻せるとしていますが、配当は社外流出も大きいのでどのくらい本当にしていくのかは注目です
※1000万現金がある人が1億円借りるくだり、両方1000万になっていて間違ってますよー
<追記>ちなみにIRRはAlibaba抜きだと大きく変わるはず。元の投資額は20億円で、それが爆発的に大きくなった。超大当たりがあり、かつファンドではなくエグジットしなくてよかったためにここまでIRRを大きくできた側面はあろう。もちろん、それ含めてスゴイのだが…<追記終>

BSの左側、資金をどこからどうやって調達していくかについて、日本で一番調達のノウハウがたまっているだろうソフトバンクの後藤CFOへのインタビュー!

必要な時だけ必要な量を最適調達できるというのは本当に重要。というのは、買収はタイミングも重要。そのときに必要な金額が調達できなければチャンスを逃してしまうし、かといって普段から資金を寝かせすぎることもできない。
そのための銀行との関係構築やどういうことを考えているか、とても興味深い。あとはノンリコースへの言及からも、ソフトバンクの投資コングロ化が伺える。
この記事からも伺えるが、ソフトバンク担当者は各行とも「24時間状態いつでも待機」の模様ではあるが…

読んでいて気になったのは、1.5~2.0%の金利水準についての言及。これを高いと思うCFOは、いまどれくらいいるのだろうか?
株式の要求リターンは一般論として6~8%、それに比べればはるかに低い。あとは、その投資からどれだけのリターンがあがるか。

あと、保有株について。YahooがAltabaとなって、Alibaba及び日本のヤフーへの持ち分があったり、最近ではTBSの東京エレクトロン株の現物配当が話題になっている。
ソフトバンクについても、現在はAlibabaが財務的な最後の安心材料として効いているが、事業シナジーは直接的にはネットワーク以外の点ではあまり効いていないと思う。
成長がなくなっていくと、シナジーが少ない持分をどうするかが論点になる。将来的に(孫さんの後継者!?)どう扱っていくのかは、とても難しくなっていくと思う。
ソフトバンクの財務について網羅されている。「ソフトバンクのトラックレコード(過去の実績)は、「⑤内部収益率(IRR)」で45%」とは凄まじい。PEファンドとしてはリターンの金額も率も史上最高。フリップカートとか以前よりも早めのリターン確定が目立ってきているし、年金とか大学基金とかからの、大規模なビジョンファンドへの出資もありそう
以下、C Channelの森川さんのインタビューより。TBTF云々の話とは完全に乖離してます。本音とタテマエってことでしょうかね。(^^;

前に孫(正義)さんに会ったときに、「森川くんはいくら借金してるんだ?」って言われて、LINEの時に200億円くらい借金してたのでそう言ったら、「それだけしか借金してないのか、俺は8兆円借金してるんだぞ」って言われて、いやーすごいですねと。「それがどういう意味があるかわかってるか?」って言われて、いやーわかりません、と言ったら、「8兆円も借金したら誰も潰せないから応じてくれるんだ、まだまだ借金しろ」と言われました(笑)。
http://mobile-people.jp/people/people-01/
取材同席しました。会計とは少しそれるのですが、携帯事業会社のソフトバンクが、グループにとってワンオブゼム(数ある傘下の事業会社の一つで切り離し可能)になっていくんだな、ということが、アリアリと伝わってきました。

一方で、SBGが全部ノンリコースファイナンスでやりたいと言ってるのは、今後グループが買収する案件は、SBKKのように自己完結できる企業(が望ましい)と考えているのだな、と。

ちょっと群戦略の輪郭がよりハッキリしてきました。
これを読むと、ソフトバンクグループが日本に根ざしているということの「利点」を生かしていることがよくわかる。

このレベルの企業で現在日本における最大の利点は銀行からのローンの利子の低さ。
かつ、資金量としても十分に大きい額を借りれる。
GDPで日本より上のアメリカと中国は日本よりはるかに金利が高いので、これは世界で戦う上で相当なプラスだ。

読むのが遅くなってしまったが、非常に勉強になる記事でした。
タイトルに対する直接のシンプルな回答は、アリババの含み益が17兆円あり、実質的にこれを実質的に担保とした融資を受けていること。その融資に加えて投資ファンド事業を大規模に展開してめぼしいユニコーンを青田買い(実際にはお盆の頃の田んぼ)していることでしょう。
この連載について
会計の知識は、どの時代においてもビジネスを知るために必須スキル。その一方で、IT化がさまざまな産業に影響を与えている今、新たな会計のあり方とは何か。また、企業の財務トップであるCFO(最高財務責任者)は、どういう存在であるべきか。特集を通じて、会計の考え方をアップデートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績