新着Pick
317Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECBのQE(正式名称はAPP)に関しては「年内終了」が既定路線であり、それを9月とするのか12月とするのかが争点になっていました。7月を待たずに終了を宣言したことはやや驚きではありますが、またどこぞの国で政局不安など起きると面倒ですから、このタイミングで早出しして逃げ切ったという読みで良いかと思います。

とはいえ、イタリア議会の予算案審議が秋であり、欧州委員会との小競り合いはほぼ間違いなく起きるであろうことを考えると、本当にAPPを止めることが出来るのかどうか。大丈夫だと思いますが一抹の不安を覚えます。

利上げが19年夏までというのも驚きではなく、これまで市場の最速織り込み(来年9月)と概ね一致します。問題はその頃にはFedは中立金利に到達しているということです。つまり、どういうことかというとECBが利上げを始めるタイミングでFRBが利上げを止めている可能性があるわけです。これまで対米金融格差がユーロ安の理由だと言い張ってきた訳ですから、その局面から先は相当のユーロ高に見舞われる恐れがあります。これに我慢できるのでしょうか?私はそう思いません。しかも、ほとんどの市場参加者はまだスコープの外に置いていますが、来年秋(まで)にはギリシャの総選挙あります。
金利自体は据え置き。債券買入プログラムは10月から年末まで減額し、その後は追加買入は停止、ただし償還分は債券を改めて買って債券残高を維持する、と言うことです。
つまり漢方的で緩慢な政策舵取りの変更と言えます。このところ欧州では物価はぼちぼち、生産はややもたついていますので、穏当な判断だと思います。
今後の注目は、金利をいつ引き上げるか、いつまで保有債権の償還分を全額再投資続けるのかですかね。
PS
ちなみに日本時間21:26現在、ユーロは下落し欧州株は上昇しています。
ECBが年内に量的緩和を終了することのこと。また政策金利は少なくとも2019年夏までは据え置くとも。
https://www.cnbc.com/2018/06/14/ecb-holds-rates-discuss-qe-end.html
FRBは利上げシナリオを年内3回→4回へ
ECBは量的緩和の終了を当初想定よりも早い段階でアナウンス(実施時期にはサプライズなしだが)。
中央銀行ウィークの今週、引き締め方向のニュースが多い。

背景には欧米の物価上昇圧力が早まっていることが背景にある。

一方で、日本は完全に取り残されている。
4月のコアCPIは前年比0.7%上昇、コアコアCPIは0.4%上昇と、ここにきて、物価上昇のペースは落ちている(本来4月は、年に一度の「値上げ」のチャンス)。さらに、6月からは昨年のビール値上げの反動減が想定される。
イールドカーブコントロールの本領である海外金利との金利差ストーリーで円安が進めば多少話が変わってくる可能性があるが、為替はビビッドには反応していない模様。

長期の景気拡大を考えると、来年半ばには景気の潮目が変わる可能性が高い。その時に日銀には追加で打てる手段がない。
日銀と債券市場参加者にとって、なかなか明るい未来を見通すのは難しい。
いよいよECBも量的緩和政策の拡大を終了です。現在、追加で(ネットで)買入れている金額が、国債、社債などを合わせて300億ユーロとなっており、これを9月末まで続けます。10月から12月末までに金額を150億ユーロに減額し、12月末で終了する予定です(いわゆるテーパリング①)。今後も、償還される国債、社債などについて、償還分は引き続き買入を続けますので、バランスシートのサイズは大きいままとなります。

これと同様に、米国のFRBがネットでの買入れ停止を行ったのが、2014年10月(2018年12月と比較して約4年のギャップ)。FRBがバランスシートを実際に縮小し始めたのが2017年10月ですので(いわゆる正常化)、約3年かかっています。記事では、ECBでも正常化とありますが、米国と同様の政策を基準として考えると、正常化は、今から単純に3年足すと2021年ですので、かなり先。、しかも金融危機後の長い回復局面が終わっているかもしれず、「正常化」はさらに長引くかもしれません。
日本は、ネット買入増額を止められる環境になく、さらに長く買い続けることになりますので、バランスシートの縮小そのものもかなり先、見通しがかなり困難です。

それにしても、リーマンショック、欧州債務ショックに対する政策対応とその後処理にいかに時間がかかるかがよくわかります。


①テーパリングが何か昔話になってきましたので、ここに以前解説コメントしました
https://newspicks.com/news/3082693
先週からブラード専務理事をはじめ、ECB高官からのタカ発言が目立ってましたが、ここまでのアナウンスは市場も織り込みきれてなかったでしょう。片や日銀も明日は黒田総裁の会見ですが、日本はインフレ率が伸び悩んでますから、状況は大きく異なりますね。
これをうけて、130円近辺で動いていたユーロ円は、1度長い上ヒゲを残す格好で円高方向に約1円ふれ、現在129円20銭前後で動いています。久しぶりに、比較的はやい動きの相場を見た気がします。
ユーロ圏の景気のピークが、昨年後半だったことは明白。ポイントは、今年前半の景気の落ち込みが一時的な踊り場なのか、あるいはより深い調整局面、または景気後退への予兆なのかという点だ。
ECBの見解はもちろん前者だが、予想以上に景況感が落ちてきているのも事実。米国との直接の貿易摩擦、欧州の主要な貿易先である中国へのトランプ政権の通商圧力による間接的な影響、欧州自身が自ら首を絞めることになるデータ規制や、プライベート関連規制、米国利上げに伴う南米諸国の混乱などの欧州に影響を及ぼす内外の要因を鑑みると、QEを開始する際になかなか始めなかったドラギマジックの逆バージョン、すなわち量的緩和の完全な終了には、なかなか踏み込まない状況も十分に想定される。
米国が量的緩和の第3弾(QE3)を終わらせたのは2014年末。2015年12月に利上げを始め、今は量的緩和でFRBが保有した巨額の資産を徐々に減らしている最中です。
一方、黒田バズーカ第1弾、第2弾の発表は2013年4月と2014年10月。マリオ・ドラギECB総裁が欧州で量的緩和政策を導入したのは2015年1月だったはず。日本と欧州が量的緩和で米国の出口を支えて来た構図が見てとれます。その欧州が量的緩和を終えると、日銀が最後に残って欧米の出口政策を支える形。孤高の日銀が出口を探るときの難しさが多少増すかもしれないな・・・ (@_@ウーン
欧州中銀も出口戦略に突入ですか?

欧州の銀行の体力が弱っているので、それを救済する目的もあるのかもしれません。
逆にならなければいいのですが…。