新着Pick

20年度から高等教育無償化 年収380万円まで段階に軽減

共同通信
20年度から高等教育無償化 大学など高等教育の無償化を議論する文部科学省の専門家会議は14日、年収380万円未満の世帯を対象に、収入に応じて段階的に大学などの授業料を減免するほか、生活費についても返済不要の給付型奨学金を支給する...
13Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
学力、モチベーションを審査して支給すべきです。一方で、小学校高学年以上の基礎学力は、無償では偏差値で45程度までしか事実上保証されず、それ以上は「塾」という民間の営利業者に各家庭が高額の費用を払わないと実現できないという実態は、一刻も早く改革しなくてはなりません。その方が急務。