新着Pick
409Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
WeWorkを「シェアオフィス」と言ってしまうとかなり違っていて、メンバーどうしの縁をつむいだり、化学反応を起こしたり、といった「場」をつくるためにいろんな仕掛けをしているところに感心してしまいます。

アークヒルズサウスのオフィスへオープン月に行ったんですが、ものすごい活気があるんですよね。東京にいながらにして、多国籍な雰囲気に溢れているのも魅力です。

思わず「入居したいです」と社員の方に伝えたんですが、既にオープン前に満室状態だったとのこと。「はぁ?今頃何言ってるんですか?!」とバカにされないだけまだマシでした(笑)

同社の売上は”不動産の賃料”ではなく、良い意味でのカオス感満載な場に入るための”参加費”なんですね。

350億ドルの評価額が妥当なのかどうか判断できませんが、日本にかぎらず世の中の人の働き方が変わっていくなかで同社のニーズはまだまだ大きくなると感じます。
HIUはすでにコミュニティができてるのでこれからシェアオフィスビジネスに参入します。一号シェアオフィスは六本木。もうプレオープンです
WeWorkはオフィス機能よりもコミュニティネットワークが最もの価値。

アプリを開けば、世界中の20万人のWeworkユーザーと簡単にメッセージできて繋がることができる。どこの国のWeworkにも行けて開催しているイベントに参加することができる。

先週ニューヨーク出張時に、同業の仕事をしている人をアプリ上で探し、来月の中国でも、会いたいスタートアップの担当者を今検索中です。

とっても便利ですよ!
こういうことって資金調達が終わった後に言うことじゃないの。なんでこうフライング気味にベラベラ喋るんだろう…
WeWorkが提供しているのは「ワークスタイル」であり、単なるシェアオフィスと捉えると企業価値を見誤ることになる。新たなワークスタイル価値の提供がこの企業の本質。
まだ"シェアオフィス運営最大手"という書かれ方なのがとても残念です。コミュニティづくりやオープンイノベーションの促進、という側面がなかなか取り上げられないのが、まだ見えている部分が少ないからなのか、調達金額や時価総額の大きさで埋もれてしまっているからなのか・・・
エアビーの評価額が約3兆3000億円、スペースXが約2兆6900億円と言われていますので、この報道の通りにいけばウィーワークの約3兆8600億円という評価額がいかに大きいものか分かりますね。
私も先月、出張拠点として銀座のweworkと契約しました。即決でした。
WeWorkは他と比べて高いと言われますが、シェアオフィスを使ったコミュニティサービスが売りなので…ちょっと違うのではと感じることも多いです。個人的にはとても働きやすい場所なので、いわゆる既存のオフィスはもういらないと思います。
時々利用します。刺激が相当です。