新着Pick
397Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジー的にはずいぶん前から出来るんだけどな
ブロックチェーンへの取り組み、行政では福岡市と渋谷区がフロントランナーですね。
「──基本構想の「ちがいを ちからに」をまだまだ知らない方も多いと思います。渋谷のこれからの歴史のなかでも中心となる考えです。この言葉に込められた思いを教えてください。
区の最高位置にある概念なので、これを多くの区民の人や渋谷を愛する人、渋谷で働く人に共有してもらいたい。また、これにひも付いた提案だったら受けやすいです。」(記事引用)

渋谷区民だが、「ちがいを ちからに」という言葉を知らなかった。「違いを創る」(ポジショニング)ことは戦略の基本であり、「違いを活かす」(ダイバーシティ)ことは集合知を高めイノベーションを起こすカギとなる。たとえば外国人比率という「違い」は、新宿区(約12%)や豊島区(約10%)では実質2桁を超えている(渋谷区は実質6%程度だろうか)。外国人という「違い」(多様性)を包摂し、どのようなイノベーションを起こし、社会課題解決に活かしていけるか。このテーマでも、渋谷区の具体的な取り組みに期待したい。
行政の中にいないと、エストニアすげー、ってのがしみじみと実感できないんだろうなぁ。構想や技術が凄いというよりも、それを行政で実現できているというところが凄いとこなので。
小学生からブロックチェーンのプログラミングを学ぶってすごいね。

テクノロジーの進化が早すぎて、30代40代でも使い物にならないと言われてしまう人たちがゴロゴロ出てくるんだろうな。
日本の公的手続き面倒すぎぃ!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。