新着Pick

JR東海、駅などの警備員増員 手荷物検査は「困難」

朝日新聞デジタル
東海道新幹線の車内で乗客3人が刃物で襲われて殺傷された事件を受け、JR東海の金子慎社長は13日の記者会見で、警備員を増員するなど安全対策の強化について明らかにした。一方、危険物を持ち込ませないための…
23Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回のようなルサンチマン的な犯行を防ぐには、個人ベースの信用情報データベースを構築することが最も効率的だと思う。中国のように経済的に恵まれていなくて社会からも隔絶している人が突然航空機や高速鉄道を利用する時にアラートを出す事は、日本では不可能なのかな
例の事件は本当に凄惨だったが、密室だろうが密室でなかろうが刃物を振り回す悪意を持った人がいれば事件は起きるわけで、こういう例外中の例外ケースのために企業が多大なコストをかけるというのもどうなのだろうと思います。
不審な行動を検知する監視カメラの行動解析技術や、スキャナー×画像解析で危険物を自動検知する技術など、テクノロジーによる解決が現実的なのかなと思います。
抑止力を発揮するためにもなんらかのテクノロジーの力で対策をなってほしい。2020年はオリンピックとともに日本の新幹線に乗ることを楽しみに来日する観光客も多いだろう。その時、安心・安全なサービスを提供できるようにしてもらいたい。
東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、英語: Central Japan Railway Company) は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道(国鉄)新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
4.79 兆円

業績