新着Pick

医療費未払いの訪日観光客、再入国拒否へ…政府

読売新聞
訪日した外国人観光客が医療費を支払わずに出国するケースが相次いでいる問題で、政府は、医療費の未払いを繰り返す恐れのある訪日客の再入国を拒否する方針を固めた。2020年度から本格実施したい考えだ。増え続ける訪日客の医療体制を整備する政府の総合対策の柱として、14日に発表する。
163Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
再入国の拒否じゃなくて、未払いの場合は日本から出国する前に払わせるなどの措置はできないんでしょうか?
それが無理だとして例えば、EUなどでレンタカー借りて違反したけど罰金払わずに出国した場合、クレジットカードなどで請求できたりするような仕組みがあると、医療費未払いをしてもヘッチャラという意識を抑制できるのではないでしょうか?
再入国拒否は、最低限度の措置として当然です。

医療機関の「受診義務」を緩和して、緊急性のない外国人旅行者の場合は帰国して治療を受ける勧告にとどめるべきでしょう。

ただでさえ、献身的努力で疲弊している医療関係者の方々。
これ以上負担が増えたら、大変です!!
当然の措置。さらには、医療費のみならず何らかの未払金がある外国人はイミグレで拘束して、支払うか資産差し押さえが完了するまで、出国できないようにしてほしい。シンガポールでは外国人でも未払の税金あればイミグレで止められて、支払うまで解放してもらえない
最近では大企業も政府も口を開けば「2020年までに」だ。計画作って、関連部署すべてに対面で根回しして、トップから過去事例を持ち出されてダメ出し食らって、それでも頑張って稟議書に10個も判子もらって、1年後に完成した書類をFAXで通知して・・・トランプのベータ版外交のほうがまだマシに見える不思議w
当然の措置ですが、これはあくまでも最低限の話。出国前に払ってもらうのが本来の当然の姿です。イミグレ、各国の大使館などとも連携して悪質なフリーライドは阻止してもらいたいです。
払い方が分からなくて、というケースも多そう。また、観光客の場合「現金がなくなった」「カードが使えない」「おろせない」などというトラブルも日常茶飯事。大使館などと連携して連絡するなり、が妥当なのでは。外国人労働者と違い、ワンタイムでの話でしょうし。
悪質なケースはどれぐらいあるのでしょうか?

異国で受ける治療は不安だらけだと思います。私は普段以上に丁寧に暖かく診療することを心がけています。保険がないと、お金の問題が生じるため、いろいろ調整は大変です。治療より帰国を優先するしかないことも多いですね。
払わせるためには払いやすい窓口の仕組みと日本でお金が手に入る状況を整備するのも大事かも。今の仕組みだと窓口寄らないで帰っちゃえば払わなくて済んじゃう。病院来たらパスポート預かって払ったら返すとかできないのかな?
お金をすぐ入手できる環境も大事。まず銀行のATMがCirus とか Plusに対応してほしい。
山本左近さんのコメントに賛成です。

きちんと払ってもらうことが目的ですからね。

再入国拒否はしてもいいですけど、それだけじゃ弱い。
さいたまで実習してたとき1ヶ月で2.3人外国人きて、そのうち半分くらいは払わずに帰ったもんなぁ。