新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
掲題の通りの発表。11時に発表され、前場引けで東芝株は+7.28%。
元々中計の「東芝Nextプラン」ではメモリ売却で資金が入れば株主還元を実施するという方針が記載されていた(①、②)。そのなかで昨年の第三者割当増資に応じた香港のアーガイルは1.1兆円の自己株買いを要求する書簡を送付していた(①)。
今回7000億円の枠の設定。昨年増資もして、かつ売却益が1兆円近かった中で、大きめではあるが中計に沿った方針。そういう意味では、逆に株価がここまで反応するというのは、東芝の発信が株式市場から信頼されていなかったことの証左。これから業績での実績と資本市場からの信頼を勝ち取っていってほしい。
会社発表は③.
https://newspicks.com/news/3061732
https://newspicks.com/news/3029839
https://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20180613_1.pdf
東芝が自社株買い!何という本末転倒!真の成長戦略があれば投資家は配当がなくても許容する。成長戦略のシーズがないことが問題。本当に残念!
Wow、なんらかの株主還元が発表されるのは既定路線でしたが、ここまで大規模なものになるとは思ってませんでした。増資をした上にメモリ事業の売却益が入り、負の遺産処理に目処がつき、残った事業は相対的に設備投資負担が低いものなので株主還元自体は必要でした。事業投資すると言っても東芝が窮地に陥ったのはその事業投資そのものなので、東芝経営陣に説得力はなく、投資家としては余剰資金を無為に抱えさせることは出来ない。
珠玉の事業を売却し、株価を引き上げ、こうして、日本企業は投資ファンドの餌食になる。

株価がよくなれば、事業の成長資金と新たな支援者の株主を集めるため、エクィティー・ファイナンスに踏み切れ!
さんざん迷惑をかけた株主に還元するのは、素晴らしいことです。

さんざん迷惑をかけた従業員にも、還元して下さいね。
昨年の増資直後に2X0円台で買った僅少な東芝株を、先程売却しました
正しい選択だろう。
そこそも、WH関係だけでも、税金タイミングで、債務超過は回避できたが、絶対安心のための増資だった。ゆえに、リスクをとった株主に、返すのは当然。また、メモリない東芝に、そんなにカネは不要。また、余計なM&Aなどしても困る。

これで、株主総会ものりきり、かつ、メモリ売却は、債務超過回避だけが目標でないことはわかっただろう。

今回も、シャープと鴻海、INCJ問題同様、多くの「識者」が、東芝は破綻、上場廃止、メモリは売らない、独禁法は認められない、ファンド圧力でメモリ売却中止、などなど、最後の最後まで、憶測を事実のように語り、間違った予測や認識をする中で、まずまずの予測と見識を示せた。

ニュースピックスでは、どこでコメントしたか、忘れたが、余計なカネはもたず、還元がいいと書いた。
こちらでも。
https://www.circle-cross.com/若様のブログ-辛口アナリストが斬る/
今後の重点分野への投資に、真っ先に資金を投じると思っていました。このタイミングで自社株買いを公表するとは予想していませんでした。しかも場中のリリース。おそらく株価の反応を見てもサプライズの発表だったのでは
ファンドの餌食。。。
せっかく入ってくる大事なキャッシュは大事に使ってもらいたいですね。
株主還元策としての自社株買、本当にこれで良いのだろうか?将来に対する投資こそ、株主、社員、関係者に長期的な還元をもたらすものではないだろうか。短期的視点でしかものを見ない株主に支えられているとしたら、東芝はどうなってしまうのだろう。これからも水素エネルギー社会を共に歩んでいきたい。
#福田峰之
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.77 兆円

業績