新着Pick
471Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
飲酒は20歳未満禁止を維持とあるが、大学のサークルの懇親会などで、1、2年生は飲むなよ!と線を引くのは無理があるような気がするので実態に合わせたほうがよいように思う。逆に18歳にすると高校生でも飲めてしまうのが問題なのかな。
それから、とってつけたように社会福祉主事を18歳に引き下げとあるが、そもそもこのような資格は、能力と経験があり必要な試験や研修をクリアすれば年齢問わず与えたらよいと思う。福祉業界には15歳から働いてしっかり成果を残している人もいるんだから。
18歳以上にフルの能力を認める、ということは逆に18歳未満は制限された能力しか認められない、ということ。その線引きが18歳、というのは納得できる(細かく17歳11か月29日と18歳1日はどう違う、という議論はありうるが、制度は線引きするしかない)
半面、能力が制限される高い年齢があっても良い。80歳以上は商用のクルマは運転できない、とか、高齢化に伴う課題と能力の関係を検討したらどうか。
今国会では、若年層の消費者被害の防止を手当てするため、同時進行で『消費者契約法』も改正されました。
                         
本来、成年年齢を引き下げるタイミングについて、法制審議会では「各施策の浸透具合や国民意識を踏まえて」となっていました。
              
なので、実際に18歳に引き下げられるのは4年後ではありますが、今回は少し急いだ感があります。
成立してから報道しても世論の賛否が国会に届きません。主権者の主権が侵害されているとしか思えません。もう、この種の「お上の通達」というか「ご存知ですか?」的な報道姿勢というのは、いい加減にしていただきたいです。
若者の投票率がどんどん低下しており、民主主義にステルス的な危機が迫っている。
若者の社会参加は投票率向上に大いに資するものだ。
若い世代への教育投資や社会的容認の促進なくして、
大人の都合で責任だけ押し付けるのは反対です。

選挙権にしても同じ。
飲酒喫煙ギャンブルは今のままって。、、、
昔よりも男女ともに身体の成長も早くなっているらしいから飲酒・喫煙やギャンブルに、さらには被選挙権も18歳に揃えて、あらゆる産業や政治が老人の老人による老人のためのものになりつつある流れに少しは歯止めをかけてほしい
準備期間は十分にある。消費者教育などの課題にしっかり取り組むべきだ。
次の変化は、被選挙権の引き下げ。それに向けた草の根の動きも出てきている。