新着Pick
404Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
計算してるとか言ってる方がいますが、田端さんはそんな風に、前持って計算するタイプじゃないですw 基本、ノリです、ノリ。で、ノリでアレができちゃうのが田端さんのスゴいところです。

今回の件は、本人を知っている人間からすると、いい意味でも悪い意味でも、ネット上の姿って虚像なんだなぁと、改めて興味深かったです。みなさんが言うほど田端さんって悪い人じゃないし、賢くてデキる人でもないですw

むしろ、今回の件は、ネット言論という世界、特にTwitterのような言語リテラシーや社会経済背景が多種雑多な場では、言葉が誇張され暴走しやすくなるということ、専門外に関する不用意な「感想」は不見識として刺されやすい、ということは理解した方が良い、ということかと。

追記:本人降臨w 誤解なきよう付け加えると、田端さんは極めて好人物で良い人ですし、頭も良い人です。そして、何よりもリアルで知ってる人は皆、田端さんを愛してます。
葉村さんwww >基本、ノリです、ノリ。〜みなさんが言うほど田端さんって悪い人じゃないし、賢くてデキる人でもないですw
"無邪気で自由奔放なネット上の活動について、会社側がある程度、容認していることである"
田端さんの発言炎上は普通の副業サラリーマンにとって全く参考になりません。その後もソーシャルの活動はガンガン続いています。
とはいえ、ネット上の活動を会社が規制することはできないので、発言して欲しくなければしつこく会社側が「やめなさい」と言い続けるしかありません。そういう会社が副業を容認するとも思えないですが。
田端笑笑
個人として言った発言であっても、企業に所属し、会社の名前を名乗っている以上は、会社の看板を背負っている前提で適切な発言をすべきだと思います。
「その人のキャラだから」ですまされる話ではないと思います。

一方で、会社側が不必要に社員の自由な発言を規制することもできませんし、個性を抑制させコントロールしていくこともできません。

拡散力や影響力がある方の発言によって、会社側もメリットを享受できるというのも事実なので、バランスがとても難しいですね。
この記事の「意外な落とし穴」とは、所属社員の発信による炎上リスクではなく、副業収入を前提とした企業側の給与抑制という点では。
そもそも知名度のない無名企業の一個人の発信に注目する人は多くない。
ただ、デリケートな問題に対する発信は誰もが注意した方がいいことは確か。
記事とは裏腹に社員のSNSの利用方法についての記事でしたね。個人と会社の見解の切り分けをどうするかというNP的にはいつも古くて新しい問題でもあるのですが、まあ会社も含めての個人だから影響が双方にあるのはしょうがないですよね。
この記事を読んで「なるほどそれは危険だな。我が社では社名を出してのSNS利用は禁止にしよう。」というズレた意思決定をする企業が増えないことを祈るばかり。

「そこ」じゃない。
企業に属していても個人の発言の内容は当然自由だとは思いますが、どうしても所属先と紐づけられてしまう世の中だけに、難しいですね。所属先を明かしている時点で、リスクを承知の上で発言するべきなのかも。
この件だけではなく、あらゆる炎上はノリなんだと思う。
計算して炎上する人はあまりいなくて、炎上を活かせる人と、活かせない人がいるってことだけかな、と。

世の中、炎上すらできない人の方が多いけど、炎上できるのは強者の証拠。とはいえ、あの意見は共感できない。

クレームに関しては、クソリプの分類が理解に役に立つかと。

クソリプはたった4種類に分類されることが判明wwwwww
http://blog.esuteru.com/archives/20008494.html
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.12 兆円

業績