新着Pick
1624Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、なかなかの勢い。1千万円で100万枚。1億円で1,000万枚。高いか、安いか?
CASHを思い出しますね。まさかこうやってバズるところまで予想して、さらにはこれでバリューを上げて売却エグジットまで考えているとしたら、それはそれで策士ですね。
GDPRでデータ保護の気運が高まる中、個人情報を買い取って企業に売るモデルに、これほどユーザーが集まるのは、タイミング的にも面白い社会実験。

(別記事から引用)
レシートからは金銭感覚や消費傾向がわかるため、マネタイズの方法としては取得したデータを純粋に企業へ売っていくというのがひとつ。そしてもうひとつ、特定のユーザーにクーポンを配信することで送客をするモデルも考えているという。
https://jp.techcrunch.com/2018/06/12/onefinancial-one/
6時間で2万件というところは知っていたが、いつの間にか半日で10万件になっていた。そして記事を読むと19時30分時点で買取レシート数も約16万件になっているようだ。当初1ヶ月で1万件を目標にしていたところが一日経たずに16倍以上になっている。本当にすごい。
一枚10円ならば、この勢いは当然。
問題は、採算がとれるかどうか。
すごい初速ですね。

この後のビジネスとしてどう展開していくのか、特にどう収益化していくのかが楽しみです。
おお、すごい。最大5枚なので少なくとも2万人もの人がアクションしたということ。ネット時代でなければあり得ない拡散
この10万件が宝になるのか、単なるごみデータになるのか。続報を期待します
個人情報だプライバシーだなんだ言って、結局目先のインセンティブが全て。
ニンジン次第でヒトは動くことを証明してますね
レシートの分析って面白いんだよね。
【IT】関連記事でバズってたりするわけだから、想定以上の利用者となっているということ。こうなってしまうと、色々と批判も集中しそうだけど、高校生起業家によるチャレンジなのだからもう少し温かい目で見てもよいのではないか?