新着Pick
201Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2015年売上9億円が、2017年には売上4億円に・・・。取引相手のアパレルからの圧力などあったのかもしれませんが、できる限り、多くても2-3割という形がベストだと思います。
記事の通り、取引先を過度に集中させないことは大切です。

実際、企業買収の際に、買収先の企業の売上が特定の取引先に集中していると、買収価格を引き下げるように交渉するものです。取引先の集中は、経営リスクだからです。

しかし、取引先の分散は「言うは易し、行うは難し」でもあります。経営の強い意思と全社的な努力が求められます。
「盲点だったのは、アパレルブランドにも“賞味期限”があるという事。」とあるが、これが盲点なわけがない。
売上を一社に依存する、ましてやそれをアパレル業界でやるというのは、経営的には手を抜いていたと言われても否定しようがないことだと思います。
そんなんあたりまえ
一社に頼りすぎないと言うのは当然なのですが、生産キャパも含めやはり、流行りのブランドの割合が多くなって、専属の旨みに勝てないことがあるのも当然だろう。これは川上から川下まで生産に関わる企業ではどこでも陥りがちなことだと思う。