新着Pick
575Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本人が英語を話せるようになるためには、だいたい3,000時間が必要と言われています。学校、独学で1,000時間程度勉強しているとすると、残り2,000時間を埋める必要があります。1日6hなら1年間、1日3hなら2年間、1日2hなら3年間という感じです。これを踏まえた上で、学習計画をたて、継続させていく必要があります。そして、話せるようにしていくためにインプットとアウトプット、これらをバランスよくやっていく必要があります。短期集中のPROGRITや本気塾の場合、そこで独学でやっていけるような正しいフォームを身につけ、その後は独学でインプット、アウトプットでレアジョブのオンライン英会話を続けていけば、英語は必ず話せるようになります。
不要です。英語は世界で数十億人が習得してるスキルである以上、特別なティーチングもコーチングも必要なわけがない。

今すぐ3ヶ月後のTOEIC予約して、適当なテキストの音読とシャドウイングを狂ったように1日3時間繰り返してやった分だけハンコ押せば良い。で900とったら「英語できるキャラ」にはなれる。個人差ありますが、僕はおかげで米国で三年働けました。

たしかに、「その「狂ったように」ができないけれど、お金は持ってる」人が対象の、ライザップ型コミットサービスだとは思います。しかし、英語教材は日本に腐るほど無料、安価にあふれており、王道の「音読」をしてれば効果は必ず出ます。やる気を維持するだけが目的なら、50万円を投資すべき対象が別にあると思います
基本的な考え方はRIZAPと一緒なのかなと。新しいコンテンツを提供するというよりも、提供の仕方を変える。人は弱いので続けるということができないわけです。そこを徹底した管理をすることで継続させる仕組みをつくっているということですね。

人間の能力には大差はないので、続ける仕組みさえできてしまえば、後はある程度の能力は必ずつくと思います。まあ、その継続させるための仕組みをつくることがとても難しいのですけどね。
英会話学校を経営していて思うのですが、一番重要なのはどの教材をどのように勉強するのかを知るよりも継続できる方法を考えるこです。
英語を話せるようになるにはレアジョブの中村さんによると3000時間、学生時代に1000時間やっているので残り2000時間必要です。正直2000時間できればどんな教材だろうとどんな学習法であろうとも英語が話せるようになると思います。しかし、少しでもショートカットをしようとして小手先に走ると、思ったとおりに行かなかった時、学習をやめてしまうので英語が話せるようになりません。
コンサルタントの方に英語学習を励ましてもらい、「○○さんがいるから頑張れる」と言うのも良いかもしれませんね。
しかし、2000時間は2か月や3か月で達成できる量ではありません。1日6hなら1年間、1日3hなら2年間、1日2hなら3年間だそうです。
応援してもらうためだけに払う金額を考えると恐ろしいです。
私はオンライン英会話で一日2時間頑張り、長期休暇を利用して一週間のセブ島留学に行きマンツーマンレッスンを一日8時間と4時間の予習復習するのを繰り返すことをお勧めします。
いずれにしても時間はかかります。
RIZAP特集のときも思ったが、RIZAPが本当に伸びたのは、人間の根源的な欲求にこたえたから(「細胞レベル」とまでは言いませんが)だと思っています。ダイエットしたいというより、目標を立ててやりきって自己実現して自身をつけたい=自分を変革したいという欲求。

「成長しているという実感や生活のなかでの成功体験があると、人はモチベーションが上がる」というのはとても大事。

最近つとに「良い習慣」を身につけることの大事さを実感していますが、そのためには、自分自身のモチベーションレバーを発見することが必要。で、これを自分だけで発見するのは意外に難しいから、それを誰かと一緒に走ってもらうことで気づかせてもらうことの効用は想像以上なんだと思います
97.8%もの人が2カ月の猛勉強をやり遂げ、結果を出すというPROGRIT。
今回は、実際に生徒さんを指導されているコンサルタントのお二人に登場していただきました。
すでに過去2回取材させていただき、お話そのものも興味津々だったのですが……遂に我が社から3人PROGRIT挑戦者が出たというのが一番のニュース!
早起きしてシャドウイングしたりしてるみたいです(笑)
「私は英語レベルが低すぎて無理だなぁ」なんて思っていましたが、彼らがクリアできたら私にもできるかも?
実際、PROGRITを体験された方がいらっしゃったら、ぜひ先輩としてコメントください。
スポーツと一緒で、耳も口の動きもリズム感も人それぞれですので、コンサルティングとその人に合った習得法の実践は重要だと思います。もう何年も英語圏で過ごしていますが、運動と一緒で油断するとすぐに何らかのチカラが落ちます(という程度の英語力)。継続的に英語力をチェックしてもらえるポスト・インテンシブ訓練のサービスが欲しいな、といつも思っています。
英語に関する引け目、憧れとかがこういう記事とかサービスにつながるんだろうなあ。

初めての海外が、卒業旅行ですというところから開始して、ビジネスレベルで英語使うような頃もあったが、その後超ドメスティックなところにいて英語力も朽ち果てた者としては、必要になれば自力でもなんとかなる、という思いしかない。

直近の必要性もないのに英語学ぼうとするのなら、こういった伴走者が必要だとは思う。とはいえ、基本的にはイッテQの出川的なコミュニケーションの方が、喋れる喋れないよりも重要だと思っている。
コンサルティング(業務)に英語は要らないけど。
もう話せなくなったかもしれない…。
毎日一緒に暮らすパートナーが、英語圏の人が1番早いですね。
この連載について