新着Pick
151Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
同じことに対してまったく違う見方を持つ。
北朝鮮はつねに中国を属国とみなし、中国のもっとも経済事情の苦しい時にも(1960〜62年)でも中国に穀物の上納を命じ、毛沢東、周恩来は国内では多くの餓死者が出るなかで北朝鮮にそれを上納した。
その前に朝鮮戦争の時には、北朝鮮が負けるとなると、毛沢東を命令して、中国を出兵させ、毛沢東の実の息子をも含め、あんなたくさんの中国の戦死者が出たが、ねぎらう言葉さえ一つもない。
速く北朝鮮との関係を絶つ、これは多くの中国国民の考えだと思われる。
ベトナムもかつてそうだった。1979年に一度戦争してベトナムに対して何も物品の上納をしなくなると、むしろ南は平和となった。ベトナムからもう一回中国と戦争するか、それはとてもできなくなっている。
北朝鮮との関係を絶ち、その後、平等になり、かえって東アジアは安定すると思う。
ステファン・ナギ氏の論考。先入観に囚われないストックテイキングとして一読推奨。
トランプが目指しそうな結果として(日本にとってはバッドニュースだが、)"北朝鮮のミサイル実験の停止と、核弾頭を装備したICBM(大陸間弾道ミサイル)を北朝鮮からすべて排除することと引き換えに、北朝鮮との平和協定の締結に向かうこと"を挙げる。
「中国は、それを中国と北朝鮮の勝利とみなす」が、北朝鮮は半島に対する中国の影響力が格段に強まるこの結果を必ずしも百点満点とは思わないだろう。どんな手が考えられるか、それを執行する力がいまの北朝鮮にあるか。
実質的には、北朝鮮を舞台とした米中の戦い的側面が大きいと思う。
もちろん、北朝鮮自体の核開発・ミサイルや、体制をどうするかといった点も大きい論点。ただ不安定要素があるから米軍展開の合理性強化になる。
ただ、基本的に会談が中国にとってプラスな結果が生まれるシナリオは、トランプ大統領・金正恩氏の関係が悪化し、北朝鮮として完全に中国に寄ってくるというもの以外はないのではないかと思う。

下記記事も、関わる各国の思惑がロシア含めて乗っており、オススメ。
https://newspicks.com/news/3060292
今回の米朝首脳会談、日本にとってポジティブ、ネガティブがあるのと同様に中国にもポジティブ、ネガティブがあります。ポジティブは米軍の韓国からの撤退と東アジアにおける中国の地位を有利にする平和条約の締結。ネガティブは東アジアの地政学的なルールが変わってしまうこと。さて、本番は明日。誰にとってポジティブな結果となり、誰にとってネガティブな結果になるのでしょうか。
米朝首脳会談に向けて、中国は比較的目立った動きは見せていませんが、習近平が金正恩と二度に渡って会談したのも、米朝主導で朝鮮半島情勢が動くのを警戒したことが背景の一部にあります。
その裏にある不安は何か、研究で中国を頻繁に訪れる国際基督教大のスティーブン・ナギ准教授が分析しました。
中国が北朝鮮を「属国」と見なしてきたのでは?昨年、習近平主席がトランプ大統領に「朝鮮半島は歴史的に中国の属国だったのです」とささやいたのを思い出す。北朝鮮はソ連と中国、ロシアと中国への「等距離外交」を展開して、巧みに中ロが競争する条件を醸成しながら、安全保障と経済支援の2つの分野で多くのものを得てきた。中国はそのような北朝鮮の政策を大国の度量を持って受け止め、中国外交の「資源」として活用してきた。北朝鮮の資源は中国にとって不可欠であるし、資源獲得を目的として他国が北朝鮮に参入してくるのを阻止したいと中国は考えている。金正恩委員長の体制は中国にとり重要な存在だ。中国と北朝鮮の新聞がお互いを非難しても、中朝関係がギクシャクすることはない。歴史的背景と戦略的条件を考えれば。