新着Pick
273Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィリピンやカンボジアで働く多くのタクシードライバーは、これまで車両レンタル代を支払い続けても自分の所有物にはなりませんでしたが、GMSのサービスを利用する事で提携ファイナンス会社(イオンなど)から3年ローンが利用できるようになり、ドライバー達は新車を購入する事ができるようになりました。もちろん支払いが終わればドライバーの所有物になる訳ですから、モチベーションは半端ではありません。

日本においても皆さんあまりご存じではないと思いますが、個人リースの場合は、与信審査通過率はなんと50%なんです。さすがにこれは問題ですから、今ファイナンス会社がローンやリースの与信枠を広げる事のできる安全なソリューションを求めているのです。

山口県の西京銀行はGMSと提携し独自のマイカーローンを全国でネット展開しています。そのマイカーローンを活用し「乗れMAX」を展開しているのが国内に500店舗を持つジョイカルジャパンです。

現在も複数のファイナンス会社が提携検討されていますから、あらゆる自動車販売店でこのサービスが利用できる日はそんなに遠くはないと思います。
「自動車販売時にGPS搭載のIoTデバイスを搭載して、月々の支払いが滞ったら遠隔操作で止めて自動車を回収する」というモデルは、ケニアでは何年か前からすでに一般的になっています。このデバイスを使って、銀行は多くの人に普通にローン出しています。ナイジェリアでは、この類のデバイスを盗難時の自動車探索に使うのがポピュラーで、保険とセットで販売されています。これも3~4年前じゃないかな。。

この記事の事例は、担保がいっさいいらないサービスフィーの形態での返済なんですね。たしかに三輪くらいの価格だととてもフィットしそうです。

アフリカ各国も三輪自動車は走っているのですが、電気自動車はまだ。四輪の電気自動車は?ですが、三輪の電気自動車は、アフリカでもいけると思っています。
はじめてGMSを知った時、日本で需要あるのかな?と思ったらアジアでの展開でした。貸し倒れ率も1%程度とのこと。事業が健全に機能しているということですね。

“プリペイド自動車”をアジア新興国で広げるGMSが11億円を調達--川崎重工業や凸版印刷から
https://japan.cnet.com/article/35120522/
素晴らしいビジネスモデル!
だったので、自分の頭を整理するためにも要約してみました。

コンセプト:プリペイド自動車-誰もが車をもてる社会へ

ターゲット:従来ローン審査に通過できなかった低所得の人々(BOP)

バリュー:通常の金融スキームでは与信に通りにくい人でも車を購入できる

仕組み:独自開発したIoTデバイスを車に装着→月額料金が支払えなければ遠隔制
御でエンジンを止める
※貸倒率は驚異の1%以下

パートナー:地域金融機関(今後強化)
予測ではなく、行動に基づいて判断する。
本質的に大事にしたい事です!
日本の環境だと想像しにくいですが、アジアだとこの仕組みがうまく回る。目の付け所が素晴らしいと思います。
中島さんは以前、LivePicksに出演していただき、この事業についても説明していただいています。

誰もがクルマを持てる世界に
https://newspicks.com/news/2756814
これはとても良いFintech サービスですね!
フィリピンに1年住んで…とのこと。
相手の良心というか、誠意というか、そういう基盤も必要だと思うので、生活に入り込んでビジネスモデルをブラッシュアップしたのかなと尊敬します。