新着Pick

定年後に"趣味の飲食店"を始めた人の末路

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
539Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでいくつかの事業を立ち上げてきていますが、飲食(スナック以外)だけは絶対にやらないと決めています。それは数ある業種の中でも最も難しいものの一つが飲食だと思っているからです。飲食で成功できる人って本当にすごいなと思います。
勤務さえしていればキチンキチンと給料を貰えた立場から、自力で稼がなければならない立場になると環境は一変します。
その点については、以下に書きました。

https://newspicks.com/news/3088306?ref=user_422540

趣味なら借金などしてはいけません。
ましてや、参入障壁のない分野への進出は…マイナス覚悟でやる必要があるでしょう。
飲食店の経験がない方とはいえ、農産物直売所の立ち上げから経営まで行なっていた方の事例なので、考えさせられます。
借り入れの負担が大きいのはやはり大きな問題だっただろうと感じました。

反面、最近離島は方が転職し、パン屋さんをオープンする事例も少なくないように感じます。三重県の答志島にも人気のパン屋さんがあります。これまでパン屋さんはなかったのでとても人気。地域の方々のコミュニケーションの場にもなっています。
http://ritokei.com/article/hottopics/6870

広島「百島」のパン屋さん
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/042600114/052500016/?rt=nocnt

今朝は日テレで、地域おこし協力隊の卒業生の方が愛媛県大三島でパン屋を開業されたという話題も報じられていました。東京のマーケティング会社で働いていらっしゃったそうです。

焼きたてのパンが多くの人を幸せにしているのもとてもよく分かります。
記事の数字が甘いですよね。で。ただいまコンサル絶賛受付中(^o^)
「サラリーマンは300万円で会社を買いなさい」というのは、やってはいけない例?
戦後引き揚げ者が、本土人からの差別の中、生きるために、満州で覚えた餃子や鍋物などの飲食店を始めたのですが、いまでは事情のわからない人が地域おこしだと言って、税金を使って宣伝しています。税金だから倒産はしないでしょうが、判断が甘いことにおいては同じです
ありがちだよねー
飲食の場合材料固定費と人件費と賃料考えたら
粗利が10%以下の商売なのでやめた方が良い。
近郊の商圏にどれくらいのニーズがあるかも必要だが、
唯一どうしてもやると決めたなら

1.先ずは自宅持ち家が有る事が基本。
改装リフォームタイミングで
一階を店舗、二階若しくは離れを居住にし
正に寝食共に自営業としてやる。

2.店員は自分も含めて基本家族で運営し、
余った食材は食卓のご飯のおかずとして
毎日賄い飯として使う。

3.食材の仕入れは必ず決まった店から
前の日の売り上げの%と決めて現金で仕入れる。
これ大事。

4.お代も基本は現金。クレジット決済は、
入金が後になるので、小規模事業では、厳しい。
国内は、本当にレッドオーシャン。よく言われますが、海外では「いいお店教えて、美味しいお店教えて」と聞かれることが多いが、日本では「新しいお店教えて」と聞く方が多いとか。飲食店やるならアジアなど新興国の方がいいのでは?
飲食店とか物販店は今まででさえ手を出したら失敗する典型だし(5年以上続けば奇跡)、スキルがあっても運がなきゃ成功しない。今後人口が減る中では、無理ゲーの極み。