新着Pick
723Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
不安を感じる人は入れる情報を減らすことも重要です。記事にもありますが、不安になる人は頭の中にたくさんの情報を一度に思い浮かべられます。そこにさらに情報を入れたら処理しきれずにパニックになってしまいます。

不安のコントロールはアメリカではセラピーの一般的な分野の一つです。一般的な不安のコントロールで物足りない人がアンガーマネジメントに大量に流れこんできて、アンガーマネジメントが大きく普及したという歴史的な一面があります。

不安の感情自体は悪いものではありません。不安の感情は何が危機なのかを知らせてくれます。不安がなければ危機に備えることができません。不安は優秀な危機察知センサーです。

ただ、あまりにも多くのものを察知してしまうと問題があるので、入れる情報を絞りましょうということです。普段見ているテレビ、雑誌、ニュースメディアの数を減らす、スマホを見る時間を減らすなど、入る情報を絞る方法はいくらでもあります。
「シリコンバレー」
存在しない謎のキラキラな幻想とは違う、泥くさい、全く完璧ではない人間的なシリコンバレーが見えるドラマです。

不安な時「興奮しているんだ」という、マインドチェンジ。
ディフェンスモードから、オフェンスに自分を切り替えるのに使ってみたい!

暗示が、そんなに上手くいくかは別として…
人は変えられない過去を後悔し、変えられる未来を不安に思う。だからこそ、今、この瞬間が大切。
マインドフルネス、瞑想、呼吸法、言い方は色々あるかもしれないし、専門家によれば、厳密にはそれぞれ意味が違うのかもしれないが、呼吸を担う呼吸中枢と不安を感じる扁桃体は脳の中で比較的近くに位置しており、両者には関係があり、呼吸をコントロールすることで、ある程度、不安を減らすことが出来るとも言われている。

ゆっくりと大きく深呼吸を数回繰り返す。それでも、また不安がムクムクと大きくなって来たら、また深呼吸を数回繰り返す。
落ち着いたら、不安なことが起こると考えている時(そもそもいつ不安が現実になるかもわからずに不安になることが多い)までに何が出来るか考える。プラン1、プラン2、。。。
そして、実行出来ることをする。
いつも効果があるわけではないし、いつも出来るわけではないし、誰にでも効果があるとは限らないだろうが、私が心がけていることだ。
FYI。
非常に強い不安を抱える人は「一度にたくさんのアイデアを幅広く考えることができる。それ自体、ビジネスの創造に役立つ」というのは面白い。いろいろ考える人には不安はつきものということですね。

①意思決定には限りがあるので重要な決断以外については「選択肢を限定する」こと、②「有事の際には平時のように、平時の際には有事のように」ではないが意図的に「人を動揺させない」ようにすること、③「不安を心配に、心配を懸念に、懸念を安心に」ではないが、不安を打ち消すために一歩ずつやるべきことをやって心の中で「呼び名を変えていく」こと、はどれも起業家に限らず経営者には必要なことだと思う
“不安は「興奮」とよく似ている”

人間、誰しも何かに不安を覚えて生きています。不安のない人生を羨ましいと思う人もいますが、満足の裏には不安がつきまといます。

音楽のコード(和音)進行には、トニックコードという他のコードとの関係性の中で、相対的な安心をもたらすコードがあります。楽曲の出発点に使われる事が多く、様々なコードを展開し、緊張や不安を生み出し、また曲の最後にトニックコードが現れ安心をもたらし曲を締めくくります。一つの曲は、人生そのものなのです。