新着Pick
537Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『暗闇の中でジャンプ』

見城さんの「編集者という病い」の中の一節で、私たちの会社のスローガンになったこともある言葉です。
生きることは暗闇の中でジャンプすることの連続で、怖いからといって足がすくんで挑戦しなくなったらそこで終わり。だからこそ勇気を出して挑戦し続けようというメッセージが込められていました。

変な表現ですが、私の場合は子どもが産まれてから毎日「死にたくない」と思って生きています。まだ「いつ死んでもいい。やりきった」とは到底思えません。
現時点では「どうやって人生を終えるか」という発想にすら至っていませんが、自分なりの答えを持ちながら30代40代を過ごしていきたいです。
メメント・モリ=死を想え。 人間は、「死を想う」動物であると。

「お前は今日一日を、最大限生きたのか」というのは、ジョブズの「「今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか?」という問いかけと似ていますね。1日の始まりに思うのか、1日の終わりに思うのか。

3.11のような社会的大事件や身の回りの友人や家族の影響で人生観が変わったという方もたくさんいらっしゃると思いますが、多くの方はそれほどの大きな出来事に出会うことはない。元東大学長の蓮見さんは映画の本質を「超境体験」にあると表現していましたが、読書の本質も似たような形ということなんでしょうね
「死を思わない・・・」の一文は誤解を来す可能性がありますね。
「夕暮を、一日がそこに死んで行くのだと思って眺め、朝あけを、万物がそこに生れて来るのだと思って眺めよ。」の方が的確に主張を捉えているかと。
>「人生は一夜の夢よ」である。出版界の未来とか、電子書籍がどうなるとか、そんなことはどうでもいい。

見城徹は
あくまで個体の掟で生きる。僕もそうでありたい。
子供を産んでから死を意識する様になりました。
死の恐怖からの自由をもとめて 理性の極致=徹底的な読書や仕事への没頭
へと突き進むのは堀江さんも同じかもしれません。
もっと動物的に理性や創造性から自由になったほうが楽しく生きられるだろうと分かっていながらもその真逆に突き進む姿はすさまじくも感動的です。

しかし、やはり社会一般の幸せな生き方はもっと簡単に手に入るべきものと思います。漠然と日々を過ごし、恋愛や結婚をし、些細なことでくどくどしながらも子供が生まれたりして、やがて老いて死んでいく。
動物と変わらない生き方に私はあこがれる部分もあり、こうした極端な「超人」にあこがれる部分もあり。凡人とはそんなものですね。
人生の有限性についてどれほど早い段階で自覚できるか。それが、「濃密な生」を歩めるかどうかを規定する気がします。
考えたくないね死は
シリーズ通して比較的ズームの写真が多いためか、迫力と重みを強く感じました。死生観と読書の関係から生き方へと展開する本論は大変勉強になりました。
僕は毎日死ぬことに怯えてますし、大切な人と会うときは今日が最後かもって思って会うようにしてます。ビビリだし、不安症です。ゆえに丁寧に早めにやりたいと思うタイプだったりします。
この連載について
NewsPicksアカデミアでは、第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事を通じて、最先端の実学を提供。多分野の実践者が集う「学び場」をプロデュースしていきます。 https://newspicks.com/academia/about