新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

742Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前HIUの定例会ゲストにTAKUROさんにきてもらいました。その時、GLAY「創業」物語の話をしてもらったんですがめちゃくちゃ面白かったです。いずれ本にしたいなあ。。
まさかのGLAYがNPに!!!
これはGLAY分野プロピッカーとして、しっかりコメントさせていただきます(笑)

まず、GLAYのビジネス的な手腕についてはあまり語られることのないものでした。ミュージック番組では視聴者からそんなこと期待されませんから。私はマニアとして、5年ほど前にこんな記事を書きました。

GLAYはいわば、《ビジネスアートマン》であると思う。
http://glaylife.com/archives/33

どうやってお金を儲けるかでもなく、ただ良い曲を作ることだけに拘るでもなく、ビジネスとアートのどちらからも攻めてる。

時代の流れをしっかり読み取って、時代にあわせて活動している印象です。

「GLAYのことを一番考えているのは、レコード会社や事務所の人たちではなく、メンバーである俺たち4人だ」
とありますが、であれば「GLAYファンの中でGLAYのことを一番考えてる安東(笑)」として一言。

私にとって最大の喜びは、GLAYがGLAYであり続けることです。サスティナブルでない場合、いつかいなくなってしまうのが世の常ですが、GLAYは時代に合わせて変化し続け、進化し続けています。それは楽曲やライブパフォーマンスだけでなく、GLAYの在り方も。本当にファンにとってはありがたく、「これからもGLAYとともに人生を生きていける」という安心感に繋がっています。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、たまにふと「GLAYがもし解散したら」と考えるとまじで生きていけないと思うことがあります。でも特に2012年以降は、いつも未来が見えるかたちになっていて、とても安心するのです。

♪1秒後ならば 誰も約束できない
だけどあなたとなら100年先も
変わることない この愛を見守り続け歩みたい
Eternally

あっあとTAKURO自身が歌う曲が一曲だけあるのをご存じですか?「お前と共にある」という歌で、恋人のことを歌ったものだと解釈していますが

♪俺はいつでもお前とともにある
という歌詞が、ファンにとっても嬉しい一言なのです。


※追記
NP登場を記念して、GLAYカラオケオフを開催します!
https://eventon.jp/13286/
長年、音楽取材をしていますが、この尖ったある意味で健全なビジネスマインドを持った音楽家の方とお話しをできたのは、メジャーで本当に初めてでした。(本当にいないんです、日本には)

特に、自分はGLAYファンだったわけではないのですが、だからこそTAKUROさんがいかに音楽ビジネスの変遷をどう捉え、そこに熱くアプローチしてるかが、すんなりと入ってきて、本当に刺激的なインタビューでした。
ちょうど柴那典さんの「ヒットの崩壊」を読んでますので、とってもタイムリーでした。 ピッカーでもあられますので、ご本人が降臨されるのをお待ちしています笑

音楽業界の構造自体が大きな変化を迎えている中で、記事にあるようなGLAYの活動はある意味流れにマッチしていると言えます。

90年代に絶頂を迎えたCDを中心としたパッケージ全盛の時代は、実はアーティスト受難の時代で、ドラマやCMとのタイアップで火がつきカラオケで歌われるけど、半年くらいでその波は過ぎ去ってしまう。その繰り返しで「消費」される。

でも時代は代わり、史上最もCDが売れた年は1998年(6074億円)、2015年には2544億円です。今のメディア環境下ではむしろ音源をコンテンツとして売るよりもライブを始めとした体験を売って行くほうが儲かる時代です。ぴあ総研によると2015年の音楽ライブの史上希望は3405億円。2010年からの5年間で2倍に伸びています。

それは「実力のある」アーティストにとっては良いことでもあり、むしろタフに活動を続けることが可能になったということが言えます。
アーティストに限らず、日本人全体の価値観としてお金のことを話すのは卑しいことみたいな風潮がありますね。でも、プロとして稼ぐのであれば、お金の話を避けて通ることはできないし、プロなのだから対価を得て当然という話です。

以前、B'zの松本さんもお金のことを考えないで音楽やりたいなら、自分たちだけで自己満足でやっていればいい。プロであるということは関係者が働いていて、その人達にもお金が入ることを考えなければいけないといった主旨のことを話されていたと記憶しています。

アメリカだとJay Zしかり、アーティストがビジネスパーソンとして卓越していると称賛されますけどね。
①ユーザーファーストの思考
Twitterから生のファンの声を聞き、ミーティング共有

②ビジネスモデルを柔軟に変える思考
お金や権利の話から逃げない
コンテンツホルダー、レコード会社、プロデューサーの理想の関係性を考え続ける。

③価値を中心に置く
下記の言葉が全てを表している↓

"自分たちはいい音楽をやっているか、ちゃんとファンに対して誠実であるか、お金に対してまっすぐ向き合っているか」ということです。
その結果、たくさんの人たちの笑顔がついてきたら、「これは換金できない価値だ」と言えるのではないでしょうか。"
僕たちは独立することを決心した2004年に、前の事務所に対し「今まで作ったGLAYの楽曲原盤権や映像原版、ファンクラブ運営の権利など、あらゆるGLAYに関わる権利を、僕の個人会社で買いたい」と伝え、交渉に入りました。
こんなことは音楽業界では前代未聞です
GLAYは全曲知ってるくらいには好きなので納得感もあり、素敵なインタビューでした
HISASHIさんのことばがかっこよくてふるえました笑

---
安東さんかなりお好きだったのですね!
このビジネスはバンドだからできるんだろうなと。GLAYだけでなく、基本的に自作自演(いい意味で)が当然のバンドだからこそ、自分たちのプロダクトをひとまとめにしてサブスクにできる。アイドルやシンガーだと難しいところがありそう。
「アーティスティックであること、ロックであることイコール、お金の話をしない」
格闘技業界にもこの流れがあって、苦労はありました。しかし、余裕がないといいものができないので口に出すことを躊躇しませんでした。

それと試合の映像の権利が僕たちにもないです。自分の試合の映像の権利を交渉の中で自由に使えるようになればと考えていたので、参考になるインタビュー記事。