新着Pick
815Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小売業で向かうべき方向(具体策)がうまくまとめてありますね。

ちなみに、日本の物販におけるAmazonのシェアは約1.2〜1.5%程度ほど。他を意識する前に、自社事業・顧客への向きあい方の100点を目指すべし。
様々な事柄の橋渡し役を行う人間が必要。
スマホで、メールと電話しかしない大手食品小売のマネジメント層にテクノロジーの利便性を伝えるのは大変。写真で陳列効率が測定できても、それを既存のシステムと統合することは至難の技。まして、いままで会社に入り込んでいない外資ならなおさら。クレジットカードも使わず、交通系電子マネーすら使わない地方でキャッシュレスが普及するのはいつのことか。でも、時間がたったら、国民の平均年齢が上がって、お客様がテクノロジーについていけなくなる。
日本で食品小売の未来を語るには、テクノロジーと泥臭い現場の両方の理解を持っていないといけない気がする。もしくは、全く新しい小売業を構築できる人。
深く考えるほど、無理ゲーだけど、それだけに成し遂げた時の実りも大きいかもしれない。
素晴らしい分析。
日本の小売は遅れているかも知れません。
セブンイレブンに期待しましょう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績