新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

1144Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は保存版です。チーム会議で活用するシンプル&ロジカルな1枚の提案書を作るコツです。上司がOKを出すために必要なロジカル展開のフォーマットを紹介いただきました。

また、部下から出てきた提案に対して、ベストな意思決定をする、孫正義社長直伝の「勝率7割の法則」も注目です。

ちなみに、取材で追いきれなかったのですが、前田さんは会議での提案に対する意思決定(勝率を見極める)のポイントとして、「本当に利益を生むか?」「本当に現場でうまく回せるか?」「会社の理念と合っているか?」の3つを挙げています。

今回のお話で、マネジャーとして、会議うまく使って最強チームを作る全体像が見えてきます。そして、次回はいよいよ孫社長が「その場で一発OK」を連発したという、社内プレゼンのスライド資料作りのポイント、フォーマットが紹介されます。ぜひ、ご覧ください。
「精度の高い意思決定」と「速い意思決定」というパラドックスを解決するための7割法則というのは興味深い。「7割で勝負をかけろ、9割まで待つと手遅れ、5割で戦うのは愚かだ」という孫さんの言葉。

個人的には、コンサル→大企業→ベンチャーと移ってきた中で、意思決定の根拠となる分析は「80/20」の感覚からいまは「60/40」になってきたという感覚。「51/49」は攻めすぎなので「60/40」くらいまではもってきて、あとは腹決めして直観で意思決定することを意識しています
提案書をフォーマット化すると、確実に会議の時間や意思決定のスピードが短縮されます。これは社内の誰もが共通認識として持っているところ。
にもかかわらず、一度作ったフォーマットが時間の流れとともに崩されていく、ということがよく起こります。
例えば誰かが、もう一枚補足資料を付け加え出したり、シンプル化された項目では物足りないと項目自体を増やし始めたり、他の人のアイディアと差別化を図るためにかっこいいイメージ画像や動画などをくっつけてきたり。。

一度決めたフォーマットも意思決定者や環境の変化によって見直しをかけないといけないかもしれない。
実は、こういった「運用」を徹底して行うこと、社内に浸透させきることこそが、“型”を作ることよりもよっぽど難しい気がします。
確かにあれくらいのフォーマットだったら特に苦もなく書けそう。タイトル(What)、問題(Problem)、原因(Why&なぜやるのか)、解決策(Solution)、タイムライン(When)、コスト(How mucuh)のロジック。With whoなんてのも今的かもしれない。
フォーマット化、本当に効果ありますよね。
3時間の会議が30分になって、内容も過不足なく質も改善、なんてことはざらにあると思います。本当に知っているか知らないかだけでこんな違いが出てしまう。ということでこのシリーズは日本の生産性向上にめっちゃ役立っているんじゃないかと思って楽しく拝見しております。
今日の学びは
『勝ち目七分で勝負にでろ!』
五分だと危うい
九分だと手遅れ。
私は二分で人に話したくて堪らなくなり着想まとめは異様に早いものね提案の仕上げに時間がかかっている。
出来上がる頃には気持ちが落ち着いてしまっていることも。
勝ち目七分で勝負にでてみます。
ゴールや進行のイメージをするようにすれば、誰がどんな反応をしそうか、どんなことが意思決定のネックになりそうかが分かりますね。想定外だったという場合の半分以上は想定できる感覚です。

以下引用
“プレゼンの発表でも、会議のファシリテートでも、ゴールを意識することが大切になるのです”
「ファシリテートのコツは、自分がゴールのイメージを持っているかどうかが要です。」(記事引用)

これはファシリテーションの基本。ファシリテーターはかならずゴール(結論)に至ることを前提とし、なおかつ、そのゴール(答え)はあらかじめ想定された範囲内にあるというもの。逆にダイアローグ(対話)においては、ゴールイメージはないことが前提となる。問答のプロセスそのものが重要かつ本質的であり、対話が到達する場所は予測がつかないし、到達することも求めない。プロセスに深くかかわることで、予想もつかない答えが、時間差でもたらされる。それはギフトであり、受け取る準備ができていればもたらされる。事前に上質なダイアローグを交わせる余裕があると、会議にファシリテーションも効果的になる。両方の方法論をそれぞれ活かす場のデザインを意識すると、相乗効果が生まれる。
圧倒的にシンプルな”サマリー”。でも、サマリー、です。当の本人は圧倒的に考えたうえで結論だけをサマリーで説明する。こういうフォーマットは、使い方の注意がとても重要で、思考が浅くならないように運用上工夫されているところがもっとあるのではないか、と感じました。

「ただし、この提案書は要点だけですので、ディスカッションで質問が出たら、質問に応じて補足資料=アペンディックスを持って詳細や根拠を説明する必要があります。
なので、関連のアペンディックスを別途用意しておくことが必須です。」
わかっているけどやり続けていない、突き詰めていないフォーマット、ルールの浸透、改めてチャレンジします!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。