新着Pick
312Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズという5大ウイスキーの中で、一番歴史が浅い日本製。ここまで人気と価格が上昇しているのは何故なのか。ビームサントリー社長に聞いてきました。

アメリカではここ数年、ウイスキーがビールのシェアを奪って伸びているそう。アメリカのドラマでは「マッカラン」をオーダーするシーンをよく見かけるのですが、それが「ヤマザキ」に取って代わるようになるのか、少し楽しみです。
先日、サンフランシスコ市内にあるSalt and Strawというアイスで人気の店に行きました。そこでguest chef collectionという、著名なシェフとのコラボフレイバーがあり、その中でも人気なのがTokyo PB&Jと聞きました。日本のウィスキーが使われてます。日本のウィスキー人気の一端を感じる出来事。
岡記者によるビームサントリーCEOへのインタビューです。新浪さんと「やりあう」ことの多いと聞くマットCEOは、英国紳士のお手本のようなスマートな人物でした。

面白かったのは、アメリカでウイスキーがビールのシェアを喰っているという点。アメリカのビールメーカーといえば、世界シェアの3割を握るインベブが有名ですが、他のお酒から侵食され始めると、今までのように安泰とはいかないかもしれません。
私はかなり前から勝手に海外でもWhiskey with soda頼んでましたけどね笑。
高騰する前においしい日本のウィスキーを飲めてよかった。余市も山崎も訪問して超レアなウィスキーとかが提供されていた時代が懐かしい。

ちなみに私はピート臭いアイラが大好物でアイラ島に一人旅したことがあります。あの旅はマジで至福でした。アイラウィスキーもだいぶ値上がってきたなと思う今日この頃。キルコーマン最高。
ワインのロマネコンティ同様、本物を探すのが大変になってきている。中国、韓国、インドなんかでは、偽物が物凄く増えていると言います。ウィスキーは単価が高くなってきているだけに世界的に不正が増えそうだ。
このシリーズ、毎朝楽しみにしているのですが、池田さん撮影のダルマの写真がすごく味が出ていてステキです♪
次の007作品ではジェームズボンドが山崎を飲んでたりして。笑 供給追い付いたときにブランド力をキープできているかが鍵、と。
日本の良さは海外視点で発見され、磨かれる。
この連載について
今、世界で空前のジャパニーズウイスキーブームが到来している。その裏側には、100年以上も前から、日本でウイスキー製造を始め、日本で洋酒文化を広めてきた、ある一族の存在がある。国内最大の非上場企業サントリーで受け継がれる、創業家経営の秘密に迫る。
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア