新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

867Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
やって失敗するより、やらない方が罪という「やってみなはれ」の歴史。楽天の「Get Things Done」、リクルートの「お前はどうしたい?」ではないですが、強いカルチャーを持つ企業には、その企業のDNAをあらわす合言葉が存在します。

しかし、サントリーいろいろ面白いな。たとえば昭和の宣伝部が開高健とか文豪を抱えていたとは知らなかった。

自社の売上の3倍近い海外のプレイヤーを買収して海外に打って出るというのも、普通の感覚でいえば博打でしかない(もちろんJTみたいな特殊な成功事例はありますが)けれど、それを「やってみなはれ」で実際にやってしまうところがすごい。

論理的にいくら考えてもわからないことを決断する時にこそ経営の胆力やアートが問われると思いますが、そういう時に、その決断にともなうリスクを通常は考えるもの。オーナー経営かつ非上場だからこそのリスクの取り方ということなんでしょうね。
サントリーという会社がいかに狂気の会社か、これまであまりちゃんと知らなかったのですが、これまでの歴史をひたすら見ていくと、とにかくクレイジーな会社であることがわかります。今日は、そんな狂気ぶりをビジュアルスライドでつくりました。

過去に佐治敬三氏、そして佐治信忠氏が「官僚的になっている」と繰り返し発してきたように、組織が硬直化しないよう創業家がどういう役目を果たしてきたかもとても興味深い。

もっとも、最近のサントリーは少しおとなしい印象も否めません。が、ウイスキーという参入障壁の高いお酒を核に、世界で戦うことを「決断」したことは評価に値すると思います。
美談として取り上げられる45年赤字のビール事業ですが、累損解消はいつ頃になるのかって一度も見たことないけどどうなんだろう?
ソフトバンクのADSLパラソル作戦もそうですが、「最終的に黒字にこぎ着けた」ことで「成功」と言われるが、実は累損解消までに至らず、単純な数字だけで言えば「失敗」というケースもあるので。
もちろん、事業を作り上げた、ということは数字以上の意味を持ちますし、特にサントリーさんは非上場なので自由なので良いのですが。
やってみなはれ史はとても面白かったです
印象深いのはハイボールの大成功です。どう考えてもモノづくりがDNAの会社にも関わらずマーケティング主導によって新しいマーケットセグメントを作り出してしまった、というお化け事例です。
伝説の宣伝部である開高健、山口瞳の話も有名ですが、今風に言えばコンテンツマーケティングを外注せず内製していた、ということでしょうか。当時はテレビCM全盛ですが、たくさん有名なコピーやCMがサントリーから出されているので、意図的に意味のある人材を集めていたのでしょう。
(実は)私の趣味は企業理念の研究です。色々な企業理念の中でも「やってみなはれ」は好きなのですが、サントリーのHPによるとその意味合いが微妙に変遷しているのが分かります。

・初代・二代目社長の「やってみなはれ」=「社長が決めたことを社員が何とかしてやってみろ」の意
・三代目・四代目社長の「やってみなはれ」=「自分で決めたことを覚悟と責任を持ちやってみろ」の意

※出典:
https://www.suntory.co.jp/recruit/fresh/manage/history.html?_ga=2.69245783.675423384.1528244112-1021289456.1528244112

これってある意味逆の意味になってますよね。創業家の強烈なリーダーシップに頼りすぎずに現場力を高めようとしてきた歴史が見えます。

あと理念がどういう風に英語になってるかも必ず見るのですが、「やってみなはれ」はこんな風になってます。確か以前のHPでは Go for It ! とか訳していた頃があったと記憶しているのですが、やめたみたいですね。無理に訳すよりもこちらの方が良いような気がします。(ただ「やってみなはれ」という関西弁のトーンは日本人にしか伝わらないでしょうが・・)

Yatte Minahare
We earnestly accept challenges. United by our drive to succeed, we move together to create markets and provide new value. From the start, Suntory has been a pioneer. Today we look forward boldly and confidently.

あと「利益三分主義」も同社の重要な価値観ですよね。YKKの吉田家も全く同じ言葉を使っています。昨日の鳥井信宏氏は「陰徳」という言葉を使っていましたが、グローバルに成功する日本企業の共通点のように思います。
大阪の船場出身とは。私の父方の祖父も船場で紙問屋やってたそうです。

しかし1899年創業で最初のヒットが1907年。8年かかってるわけで、これくらいの時間軸はどうしてもかかるもの。現代の起業家、大企業の新規事業、海外展開もこれくらいの時間軸でじっくりと構えてほしい。
洋酒天国は知りませんでした。読んでみたいですね。文庫本もあるようです(①)。
第1巻は、「酒と女と青春の巻」とありますが、いかにも昭和で、興味が湧きます。

①アマゾンのサイト
https://amzn.to/2Hmt1Ql
本日はデザイナーの星野さんと池田記者による、やってみなはれの歴史を面白くまとめたビジュアル解説です。

個人的に一番好きなエピソードは青いバラ。大人たちが、お金を生まない研究に真剣に取り組み続けたという姿勢には熱くなるものがあります。
必見のスライドストーリー。おそらく電車一駅でサントリーの歴史がわかると思います。新浪さんが上場を諦めたとインタビューで答えていましたが、非上場であることはそれだけ企業文化としての魅力を増しているところだと思います。
この連載、個人的にとても面白く拝読してるんですが、強いて言うなら、中の人のコメントが見たいところ。人事的には6月のこのタイミングとか最高の連載だと思うんですよね!せっかくなので是非、

#NPやってみなはれ!

という気持ちです。
この連載について
今、世界で空前のジャパニーズウイスキーブームが到来している。その裏側には、100年以上も前から、日本でウイスキー製造を始め、日本で洋酒文化を広めてきた、ある一族の存在がある。国内最大の非上場企業サントリーで受け継がれる、創業家経営の秘密に迫る。
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア