新着Pick
1245Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2015年夏、サントリーを取材していた私は「上場話」を聞きつけて、証券会社から酒屋まで、猛烈に取材していました。しかし、どれだけ取材をしても裏が取れず、結局、記事にできないまま、話はしぼんでしまいました。

それから3年。あの時、何があったのかを当事者である新浪社長に語ってもらいました。“外様社長”の新浪さんだからこそ語れるオーナー経営の真髄が、ぎゅっと詰まったインタビューなので、ぜひとも多くの人に読んで欲しいです。

新浪さんも語るように、サントリーはあらゆる意味で特殊な会社です。今回、サントリーを改めて取材して感じたのは、会う社員の人たちの「サントリー愛」の深さでした。転職や副業が当たり前になり、いかに「個人」で生きていくかが問われている時代に、潔く会社への愛を語る社員の方の姿を見て、30年前の日本にタイムスリップしたような気持ちになりました。
私が大学で一緒にラグビーをやっていた同期が3人もサントリーへ入社したので、同期はライバルになるんだから同じ会社に一緒に入らない方がいいだろうと思ったものですが、それだけ魅力的な会社なんですね。3人とも辞めていないですし。

インタビューに開高健さんのエピソードも紹介されていますが、サントリーのおもしろさを知るには、こちらの本「最強のふたり」もおすすめです。
http://amzn.asia/7bYPIru

上場すると、その会社の「良さ」を失うことがあるので、たしかに難しい判断ですよね。やはり、上場に不向きの会社というものはあるものです。

たとえば、電通は本来、自由闊達、奔放にやるから良さを発揮できるわけです。内部統制云々で手足を縛ったり箸の上げ下ろしまで指導したりすることになる上場はあんまり向いていません。

サントリーも今のまま行ってほしいですね♪
サントリーの佐治信忠さんは当時、新浪さんを社長に招く会見のとき、「サントリーも150歳になり、官僚的になり、やんちゃボーイややんちゃガールがいなくなった」と述べていました。逆に言うと新浪さんにやんちゃな側面を期待していたはずですが、インタビューではいきなり宴会の話で、ある意味、合点がいきました笑

ちなみに、海外を飛び回りながら時差を解消する方法は、ひたすらジム、だそうです。

冗談はさておき、なぜ彼が上場を諦めたのか、初めて語っていただきました。泉記者による貴重なインタビューです。
そうは言っても、サントリー食品インターナショナルは上場させているので、本当の理由は、やはりサントリーHDの90%超の株主である寿不動産の開示は難しいとの判断だったのではないかと思っています。サントリーHDは継続開示会社なので、なんとかサントリー食品インターまでなら上場させるとことが出来ると。

サントリー子会社IPOを再度バリューション。時価総額1兆円は妥当。そして親会社開示はどうなる?
http://hirotanaka.net/archives/52037566.html

もし今回寿不動産の財務諸表が開示となると、サントリーオーナー一族の相続対策のスキームの一部が垣間見えてしまうために、どのような判断をするのか?若しくは純投資目的として開示を逃れるのか?

引用
─なぜ、サントリーが上場に向いてないと思ったのですか。
理由は大きく3つあります。
1つは、サントリーが持つ独特の企業カルチャーです。創業精神として言われる「やってみなはれ」ですね。
やってみはなれというのは、とにかく何でもかんでも挑戦するということではなくて、「やると決めたら、やり遂げる」という意味が込められています。つまり、社員に長期的な思考を持たせる言葉なんですね。
サントリーの上場についての考え方の変化も、Beamの経営の変化も興味深い。

サントリーについては、書かれていることは外部者からでも「そうだろう」と思うことだし、入社される前にも分かってらっしゃったことだとも思う。そのなかでもタブーなく上場を考えられたのだと思うが、やっぱり文化とか社風は実際に入ってみて、改めて感じるものなのかなぁと思った。
本記事は「非上場で、創業家がヘゲモニーを握っている、サントリーという会社の上場・非上場」について書かれている。でもその前には三菱商事が大株主で、かつ上場していたローソンの経営も長い間勤められてきた。
サントリーに限らず、創業家の有無、上場の有無について、様々なことを体験しながら日本や世界の経営について思われること、いつか伺ってみたい。
"明らかにマーケティングとファイナンスが偉くて、ウイスキーの生産現場は社内で格下に位置付けられていました。生産現場からは、ボードメンバーに1人も入っていなかったくらいですから。"
モノづくりの会社でボードのバランスはとても大事です。マーケ、営業、ファイナンス、人事、そしてモノづくり。これが有機的に絡み合いながら、それでもモノづくりの現場の意見がハッキリと伝わるべきです
サントリーに上場の噂が出たとき、ホントかいな?と思い、話が立ち消えた時に密かに安堵したのを覚えています。

サントリーは私がコピーライターになりたての頃から20年近くおつきあいいただいたクライアントの一つで、嘘のようですが、全てが楽しい思い出しかありません。プレゼンテーションでも、これイマイチだよね、面白いよね、「やってみなはれ」精神で行っちゃってください、などワイワイガヤガヤ。クライアント、エージェンシー全員が真剣に目立つ広告を作ろうとしていた雰囲気がありました。もちろんこちらも彼らを喜ばせないとと思って、深夜まで(今だと問題になるのかな)真剣に考えました。プレゼン(テーション)はプレゼントだと意識し始めたのも、この頃です。

違ったことをすると叩かれがちな日本の風土からすると、サントリーのようなユニークな会社が上場を諦めたのは慧眼だったのでしょう。響やプレミアムモルツの成功もルーツはここにあると思います。
面白くて一気に読んでしまいました。確かに「やってみなはれ」は、長期のスタンスが取れなくては上も言葉として発することができないですね。

新浪さんがローソンからサントリーに移られるタイミングのエピソードにクスッと笑いました。
先週とある会でサントリーのグローバル人事担当役員にお会いしました。
まさに『やってみなはれ』を体現する器の大きさ、懐の深さ、親しみやすさを併せ持つ典型的な日本の明るいおっちゃん、
飲み会の乾杯の挨拶から場をかっさらい、出席者皆ファンになってしまいました。

それでいて仕事は買収によるグローバル化のHR戦略。

グローバル企業のエリート幹部とはひと味もふた味も違う
日本のおっちゃんにポテンシャルを感じた出会い。
サントリーのDNAですね。
新浪さん、久々にメディアで見た気がします。そして個人的にはそのことに非常に好感を持っています。
ローソン時代はメディアへの露出や、財界活動、政府関係の仕事など「個人としての新浪さん」が目立っていましたが、サントリー入社以降は(内情は存じ上げないですが)異なるビジネスにじっくりと取り組んでいるのかな、という印象を受けていましたが、そんな雰囲気が伝わってくるインタビューでした
この連載について
今、世界で空前のジャパニーズウイスキーブームが到来している。その裏側には、100年以上も前から、日本でウイスキー製造を始め、日本で洋酒文化を広めてきた、ある一族の存在がある。国内最大の非上場企業サントリーで受け継がれる、創業家経営の秘密に迫る。
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア

業績