新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生産が+0.3%しか増えませんでしたが、出荷が+1.8%増えたことで、在庫・在庫率とも下がったことは好材料でしょう。
しかし、5月の生産予測指数は+0.3%となってますが、経産省の先行き試算値では▲1.3%となってますので、おそらく4-6月期の生産は前期比プラスに転じるでしょうが、プラス幅は小幅なものとなりそうです。
となると、8月に公表される4-6月期の経済成長率もプラスに転じそうですが、プラス幅は小幅が予想されます。
期待を大きく裏切られた数値。1~3月期がマイナスになったことに加え、4~6月期もほとんど増えない可能性が高くなりました。季節調整が上手くかかっていない可能性もありますが、GDPとの連動性が高いだけに、景気減速の可能性(原因はよく分かりません)も念頭に置く必要があると思います。